座間版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

心温まるマジックを マジシャン 中村駿さん(23)

文化

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
横浜生まれで、幼稚園の時に座間市へ。栗原小と南中の卒業生。現在は町田市に移り住み、活動する
横浜生まれで、幼稚園の時に座間市へ。栗原小と南中の卒業生。現在は町田市に移り住み、活動する

中学校2年で衝撃的な出会い

 始まりは、座間市立南中2年生の時。国際的に有名なマジシャン、レナート・グリーン氏のカードマジックをテレビで観た瞬間だった。並べたトランプを「グシャグシャ」と無造作に手に取り、気付けばカードが規則的にまとまっていた。その不可思議さに衝撃を受けたという。「格好良くて感動しました。自分もマジックをやりたい」。

 そこからは本や道具に頼らずに、独学で腕を磨く日々。マジックに関するテレビを録画しては何度も見返した。研究を重ね、自分ならではの手法を生み出していった。中学生の時に抱いた憧憬が、「マジシャンとして仕事をする」という現実的な選択に変わるのに、時間はかからなかった。

物語で魅せる

 マジシャン「SHUN」として、町田・横浜・大和・相模原の店舗で腕を披露する。また、学校の文化祭、会社の送別会など各種イベントにも足を運ぶ。得意とするのは、ストーリー仕立てのマジックだ。例えば、男女の恋物語を題材にハートフルな演出をする。「不思議さを感じてもらうだけではなく、心がホッと温まるショーをしたい」――。「感動した」「優しい気持ちになれました」…。観客からの、そうした言葉が何より嬉しい。

自分の店を

 将来の「夢」ではなく「目標」は、自分のマジック店を持つこと。内装、照明、音響と今からアイデアを膨らませている。目指すのは、週1回通うほど大好きな「ディズニーリゾート」のように、エンターテイメント性溢れる空間だ。「ニューヨークの港町のような雰囲気を出したいんです」と目を輝かせる。

 目標実現のため、今はテクニックを磨き、接客術を学び、経営のノウハウを吸収する。観る人の心を揺さぶる、夢の世界のようなショー実現は、すぐそこまで近づいている。

観る人を感動させるショーを展開する
観る人を感動させるショーを展開する

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク