座間版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

市商工会青年部 ちょい吞み、関東で高評価 初の全国表彰を手中に

教育

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
プレゼンした佐藤部長(前列中央・右)と神山実行委員長(同・左)をはじめ、快挙を喜ぶ会員たち
プレゼンした佐藤部長(前列中央・右)と神山実行委員長(同・左)をはじめ、快挙を喜ぶ会員たち

 若手経営者や従業員で構成される「座間市商工会青年部」(佐藤洋行部長/会員数29)が、今月12日に山梨県で開かれた「関東ブロック商工会青年部連絡協議会」で、昨年11月の「ちょい吞みフェスティバル」についてプレゼンテーションを行い、1位に相当する評価を獲得した。同部にとって初の快挙で、11月の青年部全国大会で表彰される事が決まった。

 1都9県を管轄する同協議会では毎年、エリア内の青年部や会員による事業プレゼンテーションを実施している。「人づくり」「ネットワークづくり」「まち(地域)づくり」の3部門に分かれており、その内容が評価された事業は、顕彰者・団体として全国大会で表彰される仕組み。まちづくり部門にエントリーした同部は、6月と7月の県央と県予選を通過し、関東の切符を手にしていた。

 同部は、佐藤部長がプレゼンテーションを担当。相武台前駅近くの飲食店39店舗が参加した、はしご酒を楽しむ「ちょい吞み」について、事業費を押さえながらチケット900枚以上を販売した実績をアピールした。さらに、「個々の商店が更に成長するきっかけ作りになった。それが地域発展につながる」と訴え、参加6団体のなかで、最も高い評価を受けた。

 佐藤部長は「(ちょい吞みは)参加店と市民に元気を与えられるイベント。受賞できてうれしい」と喜んだ。実行委員長を務めた神山光一郎さんは、ちょい吞みが県内各地で行われていることに触れ、「関東含め日本全国に広まって欲しい」と期待していた。

 全国大会は11月11日に新潟県で開かれる。
 

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク