座間版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

廣戸 大志さん(緑ケ丘) めざすはFリーガー

スポーツ

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena
イタリアに渡る前日の27日。挑戦への意気込みをガッツポーズで表現する廣戸さん
イタリアに渡る前日の27日。挑戦への意気込みをガッツポーズで表現する廣戸さん

 日本フットサルリーグ(通称/Fリーグ)のチームに所属する「Fリーガー」を目指して、日々邁進する大学生がいる。座間高サッカー部出身の廣戸大志さん(21/緑ケ丘)だ。2月28日には、夢への第一歩として、サッカー大国・イタリアのフットサルチームの入団テストを受けるために日本を出発。約2週間滞在し、同国プロチームとの契約を目指す。

伊で夢に向けた第一歩

 選抜テストは、留学の斡旋や支援を手がける「(株)ユーロプラスインターナショナル」が企画。廣戸さんは昨年1月、関東の大学フットサルリーグを対象とした国内テストを通過し、海外への挑戦権を手にしていた。

 当初は、昨年春にイタリアに渡る予定だったが、「もっとトレーニングを積んだ上で挑みたい」と同社に直談判し、夏まで挑戦を延ばしていた。しかし、満を持して迎えた8月、体調を崩して2週間の入院を余儀なくされた。「徹底的に体調管理していた。何故このタイミングで」。思わぬ事態に心身ともに憔悴し、一時はイタリア行きを断念しかけたという。再び前を向くことが出来たのは、両親の言葉がきっかけだった。「気持ちを切り替えるのは難しいかもしれないが、諦めなければ結果はついてくる」――。同社も再挑戦を受け入れてくれた。そして先月28日、1年越しの挑戦が実現した。

 期間中はローマを拠点に、2〜3チームのテストを受ける予定。プレーがチーム関係者の目に留まれば、すぐ契約の可能性もある。廣戸さんの持ち味は、体の強さを活かしたキープ力と、貪欲にゴールを狙う姿勢。日本人が認められるにはイタリア人以上のプレーをする必要があるとし、「泥臭く、自分の特徴を出し切りたい」と意気込む。

「人生を前進」

 5歳からサッカーを始めた。小学校低学年の頃は地元クラブに、高学年から中学にかけては湘南ベルマーレのユースに所属していた。大学進学後にフットサルを始め、目まぐるしく状況が変わるスピーディーな展開の虜になり、Fリーガーを志すように。「ゆくゆくはフットサル日本代表になりたい」と目標を語る。

 イタリア挑戦も夢への布石。「世界レベルの経験は必ずプラスになる。自分の人生を前進させるきっかけにしたい」と目を輝かせた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク