座間版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

芹沢地区 愛着の舞台で最後の踊り 会場の広場、9月に閉鎖

文化

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena
盆踊りに興じる人々
盆踊りに興じる人々

 地元住民が企画・運営し、2004年から続いている「芹沢盆踊り大会」。11年にわたり会場としてきた芹沢多目的広場(東原1丁目)が9月末に閉鎖される事を受けて、同広場で最後となる大会が今月8日に盛大に行われた。

 同地区の盆踊りはもともと芹沢連合自治会が主催していた。人手不足などを理由に10年以上中断していたが、「子どもから大人まで地域への愛着を育んで欲しい」と、住民らが2004年に再開。現在は子ども会や老人クラブ、福祉事業所、伝統芸能の保存会、スポーツチームなど8団体の有志で構成される実行委員会(杉浦正明委員長)が運営を担っている。

 市から閉鎖を知らされたのは今年6月。委員らは多目的広場での最後の開催に向け準備を進めてきた。

 天候に恵まれた8日は、親子連れなど約600人が訪れた。提灯に彩られた特設舞台の周りでは、盆踊りを楽しむ人の輪が出来上がっていた。

市に代替場所要望

 広場は、市が市民から土地を借りて整備したもので、約35年にわたり地域コミュニティの拠点だった。ゲートボールやラジオ体操などの会場として利用されているほか、約400年の歴史があるとされる同地区の「どんど焼き」も毎年行われている。

 契約が終了する9月末に閉鎖される。委員らは今後、同連合会を通じて、市に代替場所を要望する考え。杉浦委員長は「新しい場所を確保し、来年以降も継続していきたい」と意欲を見せている。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク