座間版 掲載号:2016年2月12日号
  • LINE
  • hatena

ひまわり和紙で凧づくり 相東小で特別授業

教育

紙を貼り合わせながら手順を確認した
紙を貼り合わせながら手順を確認した
 市立相武台東小学校(小井田由美子校長)が2月2日に、手作りの和紙を活用し凧を作る特別授業を開いた。挑戦した5年生の児童らは、意見を出し合いながら手探りで製作に挑んでいた。

 この試みは、同小と地元商店会らが手を組み12年前から行っているひまわり活用事業の一環。今年は茎から繊維をとり、オリジナルのひまわり和紙をすいて凧に仕立てる。骨組みは地域有志が組立て、児童は和紙づくりから絵入れまでを担当。3月中の完成を目指すという。

 小井田校長は「座間名物の凧とひまわりを活用した試みを通じて、地域への愛着が育てば。教科書には載っていないことをたくさん学び取ってほしい」と話した。

 企画した相武台南口商店会の戸津信義会長は「子どもたちの希望も聞き、今年は凧を選んだ。5月に、実際に空に揚げられるかはまだわからないが、じっくりと見守っていきたい」と話している。

座間版のローカルニュース最新6件

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月13日~1月13日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク