座間版 掲載号:2016年2月19日号
  • LINE
  • hatena

被災地の「今」とは 現地の支援者が講演会

社会

 東日本大震災被災者の自立支援を推進する「(一社)コミュニティスペースうみねこ」(宮城県女川町)の八木純子代表=写真=による講演会が、2月21日(日)にサニープレイス座間で開催される。時間は午前10時から午後0時30分。

 同法人は被災者の生きがい作りの場所として、女川町で果樹園カフェを運営している団体。カフェでは高齢者がスタッフを務め、店で販売する農産物の生産も担っている。一連の活動が評価されて昨年、復興庁が主催する「新しい東北復興ビジネスコンテスト」で優秀賞を獲得した。座間市社会福祉協議会が毎年実施しているボランティアバスツアーを通じて、座間とも接点がある。

 講演は、同協議会ボランティアセンターが主催する「災害救援ボランティア講座」の一環として行われる。当日は八木代表が「復興地に生きる」をテーマに、震災から5年が経った被災地の今について述べる予定。

 定員50人(先着)。希望者はきょう19日(金)午後5時15分までに同センター【電話】046・266・2002へ申し込みを。定員に空きがあれば、当日参加も可とのこと。

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク