座間版 掲載号:2016年5月20日号
  • LINE
  • hatena

市教育委員会 古道辿る「しるべ」に 市内9カ所に道標

文化

巡礼街道と星の谷道の分岐点に設けられた
巡礼街道と星の谷道の分岐点に設けられた
 市民が「古道」に親しむきっかけになればと市教育委員会がこのほど、市内9カ所に「道標(どうひょう)」を設置した。点在する文化財や歴史スポットを結ぶ道に着目した事業で、県内自治体でも珍しい例だという。 

 道標には古道の経路や謂れ、近隣の文化財や天然記念物などが記載されており、歴史散策の「みちしるべ」として活用できる。標柱タイプと、地図付きの看板タイプの2種類がある。

 設置場所は、市内を東西に走っていた「星の谷道」と「巡礼街道」沿いに7カ所、西部地域の「藤沢街道」沿いに2カ所。星の谷道は、西部の住民が東部の開墾地に向かう際に使っていたと伝えられている。巡礼街道は、鎌倉時代に開設された坂東三十三札所の一つ星谷寺(入谷)への巡礼者が歩いたとされる。

 市教委の担当者は「古道を巡りながら、座間の歴史や文化財に親しんでほしい」と呼びかけている。道標の名称と所在地は以下の通り

▽藤沢街道のはじまりと座間下宿の石造物群(座間2丁目)▽天王・大縄道と藤沢街道(入谷1丁目、公園敷地内)▽巡礼街道と星の谷道(入谷3丁目、座間谷戸山公園南側)▽わかされ(入谷4丁目)▽巡礼街道(立野台コミュニティセンター敷地内)▽上栗原の石造物群と星の谷道(緑ケ丘1丁目)▽北向庚申神社と星の谷道(栗原中央1丁目、北向庚申神社内)▽栗原縦貫道と下小池・原の坂・椿(栗原)▽小松原新開入口(小松原2丁目)

 問い合わせは市生涯学習課【電話】046・252・8431。

明治時代に開墾されたとされる小松原地区の道標
明治時代に開墾されたとされる小松原地区の道標

座間版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手づくり文化展

手づくり文化展

ハーモニーホール座間

3月1日~3月3日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク