座間版 掲載号:2016年7月29日号
  • LINE
  • hatena

夏の甲子園県予選 座間総合、県ベスト32に 強豪・桐蔭に意地の一打

スポーツ

ホームベースを踏みしめる根本選手
ホームベースを踏みしめる根本選手

 7月10日に開幕した第98回全国高校野球選手権神奈川大会で、座間総合高校が4回戦に進出。23日の試合で強豪・桐蔭学園に敗れたが、過去最高タイの県ベスト32入りを果たした。

 当日、大和スタジアムのスタンドには多くの観客が集まった。座間総合は初回を1失点に抑えたものの、続く2回で満塁ホームランを浴び計5失点。4回には10対0と、無得点コールドの危機に陥った。

 そんな中バッターボックスに入ったのは、1番打者の根本翔大選手(3年)。豪快にバットを振り抜くと、球をレフトスタンドまで運ぶ特大ホームランで最後の意地を見せた。根本選手はしっかりとホームベースを踏みしめた後、仲間のもとで笑顔をはじけさせた。

 夏の公式戦でのホームランは、創立8年目の同校では初。6回コールドで試合を終えたが、スタンドからは大きな声援が送られた。

 同部保護者会の田口会長は「今後につながるいい試合だった。ベスト16という今後の目標が明確になり、その高さも実感できた」と語った。紅林輝投手(3年)の父は「多くの観客に囲まれ初めは皆硬かったが、途中笑顔もあった。故障に泣いた選手も多かったが、最後は意地を見せてくれた」と話した。

 座間は2回戦、相模向陽館は初戦敗退し座間の高校球児たちの夏が終わった。

故障に負けず力投した紅林選手
故障に負けず力投した紅林選手

4/14家族一般葬互助会相談会

お寿司&ラーメンのご試食付。お気軽にご来館を

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間市 227人に人事発令

緑あふれるイベント

保育園新たに2園オープン

4者が包括協定を締結

山北町への移住・定住促進

4者が包括協定を締結

4月5日号

座間の四季を鮮やかに

新入生を募集

新入生を募集

4月5日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク