座間版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

栗小出身の吉見夏稀選手 なでしこ1部昇格に貢献 10番としてチーム引っ張る

スポーツ

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
創設時からステラに所属する吉見選手
創設時からステラに所属する吉見選手

 座間市からほど近い相模原市南区新戸に拠点を置く女子サッカーチーム「ノジマステラ神奈川相模原」が、10月8日に行われた試合で、なでしこリーグ2部優勝と来季の1部昇格を決めた。チーム設立の2012年から所属し、今季は背番号10をつけて活躍したのが栗原小出身の吉見夏稀選手(23)だ。「なでしこリーグ(現在のなでしこ1部)昇格をめざしてきました。5年かかりましたが、大きな目標を達成できて嬉しいです」と喜んでいる。

 ノジマステラは、相模原を発祥とする家電専門店(株)ノジマの女子サッカー部として発足。1年目に県女子サッカーリーグ3部で優勝すると、2年目はチャレンジリーグに昇格して4位、3年目は3位と順位を上げていった。3部制に移行した昨年は2部2位となり入れ替え戦に挑んだが、一歩及ばず昇格を逃す。今シーズンは14勝4分けで優勝し、1部自動昇格を決めた。

重圧を成長に変え

 吉見選手は兄や友達の影響で、4歳からサッカーを始めた。小学生の頃は栗小などで活動する「A・C・ ROSSO(ロッソ)」でプレーし、卒業後は養成機関「JFAアカデミー福島」へ。2012年、東日本大震災によってアカデミーを離れ将来の道を模索するなかで、ノジマステラのセレクションに参加、18歳で入団した。

 ポジションは、中盤の要となるボランチ。ロングパスによるサイドチェンジを武器に、ゲームを組み立てる。今シーズンは、サッカー選手にとって特別な背番号と言える「10番」を託された。周囲の期待を背負い、プレッシャーもあったという。「仲間を引っ張るようなタイプではないです」と話すが、悲願達成のため、重圧を成長に繋げてきた。

 昇格をかけた8日のセレッソ大阪堺レディースとの大一番では、1点ビハインドで迎えたハーフタイムに、「悔しい想いはしたくない。今日こそ決めよう」とメンバーを鼓舞。勝負の後半に向け、チームを勢いづけた。

「これからが勝負」

 菅野将晃監督は5シーズンかけての1部優勝を掲げている。「全ての面でレベルアップを図っていきたい」と吉見選手。サポーターに対しては「ここからが勝負。これからも一緒に戦ってください」と呼びかけた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク