座間版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

座間警察署 県警剣道大会で準V 過去最高成績に輝く

スポーツ

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
春田政之署長(中央)と準優勝した座間署選抜メンバー=同署提供
春田政之署長(中央)と準優勝した座間署選抜メンバー=同署提供

 第56回神奈川県警察柔道・剣道大会が4月10日、神奈川県警察学校(横浜市栄区)で行われ、座間警察署の剣道選抜メンバーが過去最高となる準優勝に輝いた。

 各署が選抜メンバーを揃え、トーナメント制の団体戦で競うこの大会。署員数に応じて柔道・剣道それぞれ3部門に分かれて行われる。座間署の剣道チームは、18チームが参加した署対抗B組に出場した。

鍛錬実を結ぶ

 剣道助教の松田和寛巡査部長が指導者となり、選りすぐりのメンバーをそろえた同署。署員のバックアップもあり、十分に練習を積んで大会に臨んだ。

 初戦の緑署を2対0で破ると、2回戦の磯子署との対戦も2対1で勝利。海老名署との準々決勝は、1対1で大将戦までもつれる熱戦となった。大将の松田巡査部長が見事勝利を収め、準決勝に駒を進めると、勢いそのままに青葉署相手に4対0と快勝。決勝進出を果たした。

 港南署との決勝は、次鋒が勝利しリードするも副将戦で惜敗。再び1対1で大将戦に命運を託すことになった。相手の大将は、県警の武道館で日々修練を積む特練員。剣道のプロフェッショナルを相手に健闘するも敗れてしまった。

 松田巡査部長は「ここまできたら優勝したかった。普段の業務を支えてくれた同僚のおかげです」とコメント。共に戦った署員は「細かいところまでフォローしてくださって、とてもやりやすかった」と松田巡査部長に感謝した。

 次なる目標は大会での優勝だという。松田巡査部長は「日々の訓練で気力体力ともに充実させ、日々の業務に活かすことで市民に還元できれば」と話した。
 

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク