座間版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

栗原小 キャンプ座間児童と交流 アーン小を初めて訪問

教育

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
動画サイトを見ながらダンスを楽しむ児童ら
動画サイトを見ながらダンスを楽しむ児童ら

 栗原小学校(直井恵子校長)の6年生88人が2月7日、小田急相模原駅近くの米軍住宅にあるアーン小学校を初めて訪れ、授業を通じて交流を図った。

 アーン小には、キャンプ座間に勤務するアメリカ人の子どもが通っている。栗原小は英語教育の一環で、昨年10月にアーン小の児童を招き、交流会を実現させていた。企画は盛り上がり、今回は栗原小の児童がアーン小へ訪問し、授業を体験する運びとなった。

 アーン小で出迎えてくれたのは、同校の5・6年生75人。歓迎企画として児童がギターやピアノによる演奏を披露し、栗原小の児童を驚かせた。

 児童らはその後、複数の班に分かれ、美術や音楽などの授業を受けた。パソコンやプロジェクターを積極的に活用した授業に、栗原小の児童は興味津々。ある教室では動画サイトを活用し、ダンスで交流を図った。2016年に世界的ヒットを巻き起こした「ピコ太郎」の「PPAP」が流れると、一同は大爆笑。「ペンパイナッポーアッポーペン」と歌いながら交流を深めた。

 栗原小の中北悠麻君は「超楽しかった。外国の人とひとつになれた気がする」と笑顔。アーン小の児童は「すばらしい経験だった。友達が出来てうれしい」と楽しげに話した。

相互理解へ

 「昨年10月の交流を終えて、子どもたちからは『もっと英語を話したい』という声が上がっていた」。栗原小での催しを終えて、直井校長は交流機会の重要性を再認識したという。「グローバルな視点を育むため、身近な資源をぜひ活かしたい。子どもたちの意欲向上にもつながる」と今回の企画の意義を語る。

 キャンプ座間のウィリアム・ホーランド最先任上級曹長は「両校の先生たちが一生懸命準備して、すばらしい機会が実現した。学校間の交流が継続していくことを願う」と語った。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク