座間版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

県央39社の技術が集結 事業者や一般客ら来場

経済

様々な技術が並んだ
様々な技術が並んだ
 県央4市(座間・海老名・綾瀬・大和)の工業技術・製品が集結する総合見本市「県央ものづくり交流会」が、2月15日にオークラフロンティアホテル海老名で開かれ、多くの事業者や一般来場者が会場を訪れた。

 この催しは、各企業の新技術・新製品発信のほか、企業間での商談や情報交換を目的に2009年度から毎年実施されているもの。

 この日は、製造業を営む企業を中心に座間・綾瀬・大和からそれぞれ10社、海老名から9社の計39社がブースを出展。来場者は独創性に富んだ各社の最新技術を熱心に見てまわり、企業担当者に積極的に質問していた。

 また、講演会では(株)田中金属ホールディングスの代表取締役・田中和広氏と、赤城乳業(株)の元常務取締役開発本部長で「ガリガリ君」の開発者でもある鈴木政次氏が登場。来場者は真剣に耳を傾けた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク