座間版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

ロコモを予防しよう 健康寿命延伸へ市民講座

社会

講演する井上院長
講演する井上院長
 骨や関節、筋肉などの衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常動作に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群、通称ロコモ)。ロコモについて学び、予防するための「座間ロコモ予防市民講座」が2月24日、サニープレイス座間で初めて行われ、16人が参加した。アルケア(株)主催、井上整形外科共催。

 医療機器メーカーのアルケア(株)がロコモ予防のため、県内各地で地元病院と連携し開催している講座。講師には、井上整形外科(入谷)の井上浩院長が招かれた。

 井上院長はロコモ予防の重要性を参加者に説いた上で、市の課題として、坂道の多さや運動施設へ車で移動できなければ利用しづらい現状を指摘。「地形や施設をすぐには変えられない。各個人に応じた運動をできるよう、受け入れ側が連携を取りたい」と話した。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三者三様の美の世界

田渡さん親子(立野台)

三者三様の美の世界

23日(土)まで作品展

5月29日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク