座間版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

井上兄弟、確定申告を体験

経済

確定申告体験をする井上尚弥選手(右)と拓真選手
確定申告体験をする井上尚弥選手(右)と拓真選手
 確定申告期間を迎えた大和税務署(小宮山真佐路(まさみち)署長)に2月27日、栗原中央出身で世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥選手(24)と実弟で元東洋太平洋スーパーフライ級チャンピオンの拓真選手(22)が訪れ、確定申告のパソコンとスマートフォンによる確定申告を体験、PRに一役買った。

 今年からスマートフォンでの申告も可能となり、この日は尚弥選手がパソコンで、拓真選手がスマートフォンを使って申告した。

 申告額から、3試合戦った昨年の活躍を改めて実感したという尚弥選手は「パソコンでの申告は簡単で便利。今年はアメリカでのビッグマッチを見据えつつ、1試合で何十億円というビッグファイトをして、しっかり納税したい」とコメント。拓真選手は「若い人にはパソコンよりスマートフォンの方が普及していると思うのでおススメ」と話し、

「兄のように稼げるようになって、沢山納税したい」と抱負を語った。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク