座間版 掲載号:2018年4月27日号
  • LINE
  • hatena

凧文字 今年は「葵翔(きしょう)」 松尾葉子さん考案

文化

凧文字に色を塗る子ども達
凧文字に色を塗る子ども達
 13m四方の大凧に、鮮やかな赤色と緑色で描かれる「凧文字」。毎年市民の公募の中から決定しており、今年は栗原中央在住の松尾葉子さんが考案した「葵翔(きしょう)」が選ばれた。

 市の花「向日葵(ひまわり)」が全国に広がり、座間市の発展と共に大空を舞うよう願いを込めて名付けられた。「風」以外の文字が選ばれるのは、2014年の「陽駿」以来4年ぶりとなる。

文字書きに親子ら120人

 恒例の文字書きは4月14日、座間小学校の体育館で行われ、親子ら約120人が参加した。

 今年は初めて、キャンプ座間の米軍や陸上自衛隊員の有志が参加。小俣博副市長が文字の外枠を書いたのち、参加者は枠からはみ出ないよう注意しながら色を塗った。

 座間市大凧保存会の近藤昭夫会長は「子どもたちが大勢集まって、立派に仕上がった。ぜひ大空高く掲揚したい」と本番に向け意気込みを語った。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク