座間版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

未来はメダリスト オリンピアンに学ぶコツ

スポーツ

体全体を使って走ることを教える塚原直貴選手
体全体を使って走ることを教える塚原直貴選手
 北京オリンピックで銀メダルを獲得した塚原直貴選手(4×100mリレー)が教える「オリンピアンから学ぶかけっこ教室」が6月2日、スカイアリーナ座間で行われた。(一社)アスリート工房・陸上クラブアスリート工房神奈川支部主催。

 当日は88人の未就学児童や小学生らが集まり、かけっこが速くなるコツを学んだ。ジャンプや片足での体操などで体をほぐした子どもたちは、塚原選手のパフォーマンスを真似しながら、後ろ向きに走ったり、大きくジャンプしながら走ったりして、腕や足の動かし方、力の入れ方などを学んでいた。

 「出来なくても真似をしながら、やろうとしてください。僕も速い選手の動きを真似して練習しました」と塚原選手。

 子どもたちは練習の最後に、習ったことをイメージしながら塚原選手らとかけっこ。一流アスリートのスピードを体感して驚いていた。

 質問コーナーでは多くの質問があがり。「速くなるコツは」の質問に、「とにかく、まっすぐ走ること」と答え、「毎日していることは」の問いに「朝ごはんをしっかり食べること。特に牛乳やオレンジジュース、フルーツをたくさん食べています。バランス良く栄養を摂ってください」と話していた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

受講者を募集中

受講者を募集中

認知症サポーター講座

1月25日~1月25日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク