座間版 掲載号:2018年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

松井颯大選手南中学校3年 全米野球大会で大活躍 7割超える出塁率

スポーツ

海老名リトルシニアに所属する松井颯大選手=提供
海老名リトルシニアに所属する松井颯大選手=提供
 座間市立南中学校の松井颯大選手(3年)がリトルシニア日本代表に選ばれ、7月末に米国イリノイ州で行われた「MCYSA全米選手権大会」に2番セカンドで出場し、打率6割を超える好成績で優勝、大会5連覇に貢献した。同大会にはブラジル代表やプエルトリコ代表、米国州代表など17チームが参加した。

脅威の2番打者

 海老名リトルシニアに所属する松井選手。いつもはショートを守っているが、日本代表ではセカンドを任された。「あまり、セカンドの経験はなかったのですが、しっかり守ることができ、良かったです」と話す。7試合に先発出場し、16打数11安打と打率6割8分8厘とヒットを量産したが、注目は出塁率。11安打に加え相手エラーで1回、四死球で4回出塁し、出塁率は7割6分と7割を超え、脅威の2番バッターとして、大活躍した。

 「苦しい場面でも出塁し、2盗、3盗を決めることができた」と高い出塁率に加え、チャンスを広げる9つの盗塁を成功させ、優勝に大きく貢献した。

 日本代表は予選3試合を23得点1失点で全勝し、1位で通過した。決勝トーナメントでは、初戦のミシガン州代表に4対0で勝利し、続くブラジル戦は9対1で5回コールド勝ち。

 決勝は予選3試合43得点の猛打が武器の地元イリノイ州代表と対戦。堅実な守備で7対0で勝利し、日本代表チームは大会5連覇を達成した。

 松井選手が野球を始めたのは小学校入学時。友だちに誘われたのがきっかけだった。最初は友だちと遊ぶのが楽しかったが、続けるうちに野球の魅力にはまり小学5年からは本格的に打ち込んだ。

 松井選手は「2番セカンドで出場でき、色々な国のチームと対戦することができ、日本代表として素晴らしい仲間と一緒にプレーすることができたのはとても良い経験になりました」と大会を振り返った。

座間版のローカルニュース最新6件

夏締めくくる例大祭

歌劇「愛の妙薬」

屋内パーク「オービィ横浜」

読者プレゼント

屋内パーク「オービィ横浜」

8月17日号

のんびりハイク&ウォーク

小田急電鉄

のんびりハイク&ウォーク

8月17日号

メンタルトレーニング

シニアサポ養成講座

残暑お見舞い申し上げます

人と環境に優しい住まいづくり

きめ細やかな技術とサービスで内装工事をいたします

http://www.tosikougei.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏締めくくる例大祭

夏締めくくる例大祭

座間神社で30日

8月30日~8月30日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク