座間版 掲載号:2018年9月14日号 エリアトップへ

夢舞台で座間っ子躍動 日大三高 甲子園ベスト4

スポーツ

掲載号:2018年9月14日号

  • LINE
  • hatena

 大阪桐蔭高校の春夏連覇で幕を下ろした第100回全国高等学校野球選手権記念大会。ベスト4入りを果たした日大三高(西東京)の躍進を、2人の座間市出身選手が支えていた。4番打者としてチームを引っ張った大塚晃平選手(座間市立西中学校/座間パイレーツ出身)と、捕手としてブルペンを支えた齊藤龍二選手(同市立南中学校/ポインターズ座間出身)に、高校最後の夢舞台を振り返ってもらった。

頼れる主砲

 5年ぶりの夏の甲子園出場を果たした日大三高。大塚選手は「観客の入りや緊張感がセンバツとは違った」と振り返る。

 新チーム結成時から4番に座った大塚選手。名将・小倉全由監督をして、「真面目で闘志を内に秘めた、期待に応えてくれる男」と言わしめる。

 初戦は折尾愛真高。強力打線を武器とする両校の対決は、初回から動いた。1回表に折尾愛真が1点を先制。その裏、大塚選手は死球を受けチャンスメークすると、三高打線が爆発。一挙7点を奪う猛攻で、日大三高が主導権を握った。

 その後も得点を重ね、13対1となった7回裏、大塚選手に打席が回る。「直球がいい投手。真っ直ぐを狙っていた」。真芯でとらえた打球は、瞬く間にレフトスタンドへ飛び込んだ。聖地での初本塁打に「嬉しかった」と頬を緩ませる。

配球組み立てる

 「都予選から調子が良くなかった」という齊藤選手は、2年生の佐藤英二捕手にマスクを譲った。それでも配球の組み立てを一緒に考え、継投で勝ち上がったチームの投手陣をブルペンで支えるなど、サポートに徹した。「折尾愛真はアッパースイング気味の打者が多い。真ん中から外角高めは打球が飛ぶから、低目とインコース中心で攻めよう」。作戦は見事的中。予選でチーム本塁打10本と、出場校最多を誇る強力打線を3点に抑え、16対3の大勝に貢献した。

 続く2回戦は、奈良大付属校。大塚選手は初回、ライト前ヒットで好機を演出すると、続く打者の二塁打で2点目のホームを踏んだ。試合は日大三ペースで進むが、中盤に3点を返されると、流れは相手に。最終回に8対4と迫られると、スタンドは逆転劇を期待するムードに染まった。「観客全員が奈良大付を応援しているようだった」と振り返る2人。それでも猛攻をしのいで勝利したことで、チームは着実に自信をつけていった。

 3回戦の龍谷大平安高戦、「甲子園に慣れて落ち着いてきた」と大塚選手。齊藤選手は先発投手の緊張をほぐし、好投に繋げた。試合はシーソーゲームを日大三高が制し、4対3で勝利。8強進出を決め、「弱い」と称されたチーム結成時の頃の面影は消えていた。

 準々決勝は、鶴田克樹投手擁する下関国際高。抜群のコントロールで三高打線は7回2アウトまで無安打に抑えられた。

 打線が目覚めたのは8回。代打攻勢で一挙3点を挙げ逆転。その時、小倉監督から齊藤選手に声がかかった。「9回、いくぞ」。最終回のマスクを任された。「ずっと出られず、悔しい思いをした。やってやるぞという気持ちだった」。二死二塁のピンチから、あわや暴投のワンバウンド投球が来たが、がっちりとブロック。小倉監督は「大変な場面で、よく止めてくれた。あれが3年生の意地」と称賛。3対2で接戦を制した。

吉田輝星投手と激突

 準決勝の相手は、今大会注目を集めた金足農業高。2点のリードを奪われ、プロ注目の吉田輝星投手に7回まで無得点に抑えられた。大塚選手は「球速は出ていなくとも、低目の球がボールにならない。ボールの伸びとキレを感じた」と振り返る。「最後のチャンスだと思った」という8回裏、2アウト一・三塁で大塚選手に打席が回った。「みんながつないでくれたチャンス。何とかくらいついた」。レフト前ヒットを放ち、1点を返す。名門の4番の意地を見せたが反撃はここまで。1対2で敗れ、最後の夏をベスト4で終えた。

 「56校しか味わえない雰囲気を、体で体験出来た。優勝したかったが、弱いと見られていたチームがここまで勝ち抜くことができた」。大舞台を終え、大塚選手の口調からは充実感が漂う。齊藤選手は「小さな頃からの夢舞台に立てた」と爽やかな表情で話した。

 9月30日(日)から福井県で開催される国体が2人にとって高校最後の大会となる。大塚選手は「一戦必勝。チームの勝利に貢献するのみ」と闘志を燃やす。齊藤選手は「夏の分まで国体で頑張りたい」と意気込んだ。

◇ ◇

 インタビューをするのは、春のセンバツを控えた今年2月以来。髪の毛が少し伸び、大人びた風貌となっていた。2人とも大学進学をめざしており、この先も野球を続けるという。「努力次第で絶対に行ける」「練習はうそをつかない」――。甲子園から学んだことは、財産として胸に刻まれた。

座間版のローカルニュース最新6

海老名始発で都心へ

海老名始発で都心へ 社会

相鉄・JR直通線で新ダイヤ

8月16日号

どっこいそーりゃ 響く境内

どっこいそーりゃ 響く境内 文化

鈴鹿明神社 例大祭

8月16日号

熱戦繰り広げる

熱戦繰り広げる スポーツ

少年野球 優勝決まる

8月16日号

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み 社会

28日、29日の2日間

8月16日号

新会長に松井氏

県歯科医師会

新会長に松井氏 社会

8月16日号

ボランティア募集

ボランティア募集 社会

赤いヒマワリ撤去

8月16日号

プログラミング指導学ぶ

プログラミング指導学ぶ 社会

小学校教諭向け 8月26日

8月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク