座間版 掲載号:2018年10月26日号
  • LINE
  • hatena

サクラを楽しむ小春日和 相模が丘仲よし小道

社会

 散歩道として多くの人に親しまれている「相模が丘仲よし小道」でサクラが咲き始め=写真(10/22撮影)、通る人はサクラを見上げながら楽しんでいる。

 八重咲の淡い色の花をつける『十月桜』は、4月上旬と10月から12月にかけて2度開花する珍しい品種。「今年はちょっと遅く11月に入ってから見ごろになるのでは」

 仲よし小道は相模が丘を南北に貫く1・6Kmの緑道。NPO法人さくら百華の道が管理している。この小道には64品種、220本のサクラが秋から春にかけて咲き誇る。

 十月桜は小道の南端から約100mのところにあり、今後は大輪で淡紅色のアーコレードも見ごろになる。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育て応援シンポ

子育て応援シンポ

情報交換会も

3月23日~3月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク