座間版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

はたらっく・ざま 就労支援の輪、広がり 開所から一年、1人自立へ

社会

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
右から若林専務、はたらっく・ざまの岡田さん、澤口さん
右から若林専務、はたらっく・ざまの岡田さん、澤口さん

 昨年10月、相武台前駅近く(相武台1の35の6三裕ビル2階2のB)に座間市が開設した就労準備支援施設「はたらっく・ざま」。官民連携での事業開始から1年が経ち、10月19日、利用者の一人が、市内入谷のスーパー「新鮮市場なかや座間入谷店」へ就労を果たした。同施設のこれまでの歩みと現状の課題、今後の展望を関係者に聞いた。

◇◇

 同施設はひきこもりなどで就労経験が少なく、社会的自立が不十分な人を支援する場所。「座間市就労準備支援事業」として、昨年10月1日に開所した。

 市から委託を受けたのが、生活クラブ生活協同組合、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ協会、さがみ生活クラブの3者から成る共同企業体。現在、13人の利用者が支援プログラムを受講する。

まずは生活習慣

 まず利用者が受講するのが、清掃や片付け、洗濯、調理、お金の管理方法といった、自立した生活を送るための講座。意欲を高めてから、実習先への職場見学、事業者から考え方や働く現場の様子を聞く「事業所交流会」が行われる。その後、1日2時間程度の体験実習、模擬面接などの就職活動支援を経て、企業への就労をめざす流れとなっている。

 同協会の岡田百合子さんは「簡単にはいかない。でも、みんな思いやりのある人。利用者同士しゃべることは無くても、相手をいたわるような優しい空気がある」と語る。

 はたらっく・ざまの窓口となる座間市生活援護課の林星一さんは「月に約40件の生活相談が寄せられるが、そのうち5件前後は就労支援を検討する案件」と分析する。

地元企業が協力

 現在、18事業所がはたらっく・ざまの活動に賛同し、実習受け入れなどで協力している。今回、利用者を初めて採用した「なかや」の若林啓太専務取締役は「地域に就労したくてもできない人がいることは聞いていた。困りごとの力になれるなら」と、二つ返事で協力したという。

 「『頼れる大人がいっぱいいるんだよ』ということを伝えていきたい」。同組合の澤口隆志さんは語る。今後は、必要とする人への情報発信が課題となってくる。林さんは「他部署と連携しながら、色々なルートで働きかけたい」と話す。

 岡田さんは「まだまだ事業所の数も足りない。働くことが当たり前になってからもメンタル面を支え、定着支援をしていけたら」と述べた。

 問い合わせは同課【電話】046・252・8566。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク