座間版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

座間市 昨年に続き14位でゴール 市町村対抗かながわ駅伝

スポーツ

第3中継所で吉田香澄選手(左)にタスキを渡す鎌田虎太郎選手
第3中継所で吉田香澄選手(左)にタスキを渡す鎌田虎太郎選手

 第73回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会が2月10日、行われ、座間市チームは14位だった。

 県内30市町村が参加した恒例の大会。51・5Km7区間を中学生以上の男女でタスキをつなぐ。

 トップテンを目標に掲げた座間市チームだったが、2時間49分49秒で昨年に続き14位の成績。10位の伊勢原市とは約2分40秒差で、あと少しで目標に手が届かなかった。過去最高成績は2013年に記録した8位。

 座間市チーム(赤羽孝秀監督)の出場者と成績は次の通り(敬称略)。1区(3Km)=志村紘佑(栗原中)=9分41秒、2区(9・7Km)=山本裕二(亜細亜大)=29分43秒、3区(8・2Km)=鎌田虎太郎(拓大一高)=27分43秒、4区(2・7Km)=吉田香澄(ニトリ)=9分08秒、5区(7・2Km)=土佐野岬(桐蔭横浜大)=25分11秒、6区(10・7Km)=坂元航太(早稲田実業高)=34分36秒、7区(10Km)=小林亨輔(WRITE)=33分47秒。ほかに控え選手として三田眞司(埼玉医科大学G)、田貝英明(座間市陸協)、湊標風(座間東中)、野末涼々菜(座間南中)がエントリーされていた。

 優勝は川崎市(2時間40分03秒)、2位は横須賀市(2時間42分31秒)、3位は茅ヶ崎市(2時間43分04秒)だった。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク