座間版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

「野良猫問題は環境問題」 ざまねこ 野良猫を増やさない会

社会

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
稲垣さん(左)と三浦さんダンくん(左)の里親募集中
稲垣さん(左)と三浦さんダンくん(左)の里親募集中

 「野良猫問題は環境問題」。そう語るのは、市民団体「ざまねこ 野良猫を増やさない会」の稲垣美佳さん(=人物風土記で紹介)と三浦小夜子さんだ。

 人間の様々な事情で「野良猫」になったネコたちを発端に起きる問題は多岐にわたる。餌やりや糞尿、虐待、交通事故、多頭飼育崩壊など。挙げはじめればきりがない。しかもそれぞれの問題には、様々な価値観や事情が絡み、複雑化させている。中でも多いのは、「野良猫に餌やりをしていたら、そのネコがいつの間にか子どもを産み、野良猫が増えて困っている」というもの。「餌やりをしなければ増えないはずだ」という意見もあるが、その場所にネコが来なくなるだけで「全体的に増えていないということはない」という。だからこそ、これ以上不幸なネコを増やさないために同会では、ネコを一度捕獲し、不妊手術をして、元の場所に戻し、地域で育てる手伝いをしている。

 不妊手術は現状、助成金などを利用して行っている。「野良猫の不妊手術を低料金でやってくれる動物病院が増えたら」と2人は話す。

 野良猫の問題は、まだまだ知られていないことが多く、想像以上に野良猫以外の問題に発展している。餌やりや糞尿、多頭飼育によるご近所トラブル、虐待は人間の傷害事件に発展するケースもある。「まずは野良猫の問題を知ってもらって、地域のみんなで対策を考える雰囲気がつくれれば。野良猫問題の解決は地域全体の問題解決、安心して暮らせる町をつくることにつながると思う」。詳細は同会HPへ。

 同会では10月13日(日)午後1時からサニープレイス座間で野良猫問題を考える講演会を開催。申込は、市生涯学習課【電話】046・252・8472へ。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク