座間版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

(仮称)綾瀬スマートIC 本線直結型に興味津々

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
工事担当者から説明を受ける参加者工事が進む下り線のアクセス路で
工事担当者から説明を受ける参加者工事が進む下り線のアクセス路で

 2020年9月末までの開通をめざす「(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ」(以下・綾瀬スマートIC)の工事現場で6日、工事の進み具合を解説する現場見学会が開かれた。事前に応募した大人から子どもまで50人の参加者が普段は入ることができない場所での見学などを通じて、スマートインターの全容について見聞を深めた。

実は凄い「全国有数規模」

 「綾瀬スマートIC」の工事現場を一般向けに公開するのはこの日が2回目。受付開始から2日で定員の50人を超える人気ぶりといい、綾瀬市の担当者は「待望のスマートインターということもあり関心の高さが現れている」と話していた。

プロが解説

 見学会は、スマートインターの設置工事を管理する中日本高速道路東京支社の厚木工事事務所(厚木市恩名)と工事を請け負う若築建設(東京都目黒区)の現場担当者が案内役をつとめた。

 16年12月の着工からこれまでに撮りためた地上と上空からの画像や映像を用いて工事概要などをわかりやすく説明した。

本線直結上下線

 現時点での「綾瀬スマートIC」の工期は20年9月23日まで。整備予算は約103億円を見込む。開通時にはETCカード専用ゲートが上下線に2カ所ずつ取り付けられ、手前のゲートで一旦停止して通信が行われ、開閉バーが開く仕組み。

 中日本高速道路の担当者によると、「綾瀬スマートIC」は、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)への設置ではない、本線直結型で、上下線に乗り降りできる仕様だという。

 1日約1万台が標準的な想定規模というが「綾瀬スマートIC」は約1万4千台の利用を見込む「全国有数の規模」を誇るスマートICとして整備されている。

道の駅も整備

 綾瀬市はスマートIC開通から2年後の22年4月に、防災機能も備えた「道の駅」を県道42号線沿いに整備し、新たな企業誘致にも着手する。綾瀬の新たな玄関口ができることによる利便性向上のほか、新たなまちづくりにも期待が高まる。

 綾瀬スマートICと県道・市道との接続では、一部で片側通行などの制約が必要となるため、利用動線の周知などが今後の課題となりそうだ。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク