座間版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

カレーキッチンsara 障害者就労を支援 地域とともに13年

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
カレーの仕込みに取り組む利用者(左)
カレーの仕込みに取り組む利用者(左)

 社会福祉法人日本キリスト教奉仕団が運営する障害者総合福祉施設「アガペセンター」の「カレーキッチンsara」(小松原2の10の14)が20日、開設13周年を迎えた。同所では、日頃の感謝を込めて期間限定で特別メニューを用意し、お客をもてなした。

 アガペセンターが取り組む障害者の就労支援事業の一環で運営されているカレーキッチンsara。大量の肉や野菜をカットし、炒め、煮込むといったカレー作りの工程は、単純作業を長時間集中して取り組むことができるという知的障害がある人の特性を生かせるのだという。現在は、10人以上の利用者がそれぞれの適性によって、厨房での作業や、注文を受ける、提供するといったホールの運営業務などに取り組み、給料にあたる工賃を受け取り、社会的な自立に向けて日々励んでいる。カレーキッチンsaraは、月曜から金曜(土日・祝日休業)の午前11時から午後3時まで営業。【電話】046・254・7111/【FAX】046・254・7256。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク