座間版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

高座クリーンセンター ひと月に約800人来場 地上50m展望室など人気

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
高座クリーンセンター6階の屋上庭園と展望室
高座クリーンセンター6階の屋上庭園と展望室

 座間、綾瀬、海老名の3市のごみを焼却する「高座クリーンセンター」(海老名市本郷)が、昨年4月の稼働開始からほどなく1年を迎える。ごみの搬入から焼却までの様子が自由に見学でき、焼却熱を活用した陶芸窯やキッチンルーム、高さ50メートルの展望室もあることが話題となり、ひと月あたり約800人が施設に足を運んでいる。

 高座クリーンセンターは、旧施設の老朽化に伴い整備され2019年4月に本格稼働を始め、人口減少やごみの減量などを見据え従来は日量350トンだった処理能力を日量245トン(122・5トン×2基)に改めた。搬入されるごみの減量は進んでいないが、見学ルートや付帯設備の充実などで施設を訪れる人が後を絶たない。

 高座清掃施設組合の鴨志田克巳施設課長は「ごみを安定燃焼することができる最新のストーカ炉と、地上50メートルで360度見渡せる展望室」の2つを高座クリーンセンターの特長としてあげる。

 地下3階、地上10階建てのクリーンセンターは地域要望に応じ「環境プラザ」と一体化させ、ごみ処理とごみ削減の啓発と「地域文化の発展、福祉の増進」につながる施設として稼働している。

充実の設備

 従来からある余熱還元施設の温水プールのほか、施設見学が自由にできるパブリックスペースが新設された。ITを使った各種体験ができる展示コーナーのほかエコキッズパークも一般開放している。施設内には木工の工房や電気ロクロ、陶芸窯、IHの調理器具が揃うキッチンルームやグランドピアノを備えた音楽室、広さ90平方メートルの鏡面壁多目的スタジオも完備し、一般向けの貸し出しもしている。

 組合によると昨年4月から9月までの半年間に施設を訪れた個人の見学者は2518人。団体は83組2292人で3市の学校や自治会のほか、行政や議会の視察もある。遠くは九州からも視察に訪れるという。

 20年間の契約で施設の運営を担う三菱重工の関連会社「高座エコクリエイション」は今年度、健康体操や陶芸体験など68回の自主事業イベントを開催し、3年後には年間100回の開催まで増やす計画だ。

 組合は「旧施設は自由に見学ができなかった。施設を更新させていただいたことで見学が可能になりさまざまな形で3市の市民の皆様との接点ができた。今後、高座クリーンセンターをより知っていただけるよう情報発信に力を入れていきたい」としている。

1月イベント

 1月のイベント/13日(月)陶芸体験教室(小学生以上・定員24人※1人千円・午前10時〜11時半)、18日(土)ごみ分別釣りゲーム(午前10時〜午後3時、幼児〜小学校低学年※無料)、25日(土)施設見学ツアー(午後2時〜午後3時半・無料)。

 問合せは高座クリーンセンター【電話】046・238・3172、月曜休館・午前9時〜午後8時(見学午後5時まで)。※神崎遺跡公園から車で1分。
 

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク