伊勢原版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

明治時代の大津波伝える絵 津田栄二さん(岡崎)が所有

社会

4枚の紙に描かれている
4枚の紙に描かれている

 明治29年6月15日、岩手県で起きた明治三陸地震の際に、三陸沿岸を襲った大津波の様子を描いた絵が、津田栄二さん宅(岡崎)にある。絵は、縦37cm・横25cmの和紙4枚で、沿岸に達した津波に襲われ苦しむ人間の表情が生々しく描かれるほか、災害の様子が文章でも説明されている。

 絵はもともと、福島県にある津田さんの生家にあったもの。津田さんによると作者など詳細や絵を入手した経緯は分からないという。

 津田さんは「このたびの震災で被災された方々には深くお見舞申し上げます。この絵は過去に起きた災害を伝える記録の1つとして、これからも大切に保管したい」と話した。

I000071306.jpg

文章による説明もされている


 

◀文章による説明もされている
◀文章による説明もされている

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク