伊勢原版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

大山登山マラソン 2452人が難コース制覇 竜神通りの催しも盛況

スポーツ

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
一斉にスタートするランナー
一斉にスタートするランナー

 第33回大山登山マラソンが3月11日、伊勢原駅北口から大山阿夫利神社下社までの全長9・0Kmで行われた。全国から健脚自慢の2579人がエントリーし2452人が完走した。

 朝から晴天に恵まれ、気温15度と春の温かさの中で行われた今年の登山マラソン。年代・性別毎に分けられた部門にエントリーしたランナーたちは、北口鳥居前を号砲とともに一斉にスタート。ゴール地点の大山阿夫利神社下社目指して商店街を駆け抜けていった。沿道では「がんばれ」「いってらっしゃい」などと旗を振ったり、ランナーの名前を描いた横断幕を掲げて応援する姿などが見られた。

 標高差650m、1610段の石段など心臓破りのコースとして知られる同マラソン。秦野市から初めて参加したという50歳台の男性は「疲れたけどおもしろかった。大山の景色も良かったし、沿道に集まった人たちの応援にも励まされた。来年もまた出たい」と感想を話した。

 またレース後は竜神通りで駅前中央商店会主催のランナー歓迎イベントが行われた。会場ではマラソンを終えたランナーたちに酒が振る舞われたほか、招待選手のサイン会や音楽演奏、ソーレパレードなどが披露され、終始にぎわいを見せていた。

サイン会が行われた
サイン会が行われた

伊勢原版のローカルニュース最新6

建設業協会が草刈り

建設業協会が草刈り 社会

市内15カ所でボランティア

11月27日号

ルール守って事故減へ

ルール守って事故減へ 社会

思いやりが大事

11月27日号

市民の安全安心が判断基準

市民の安全安心が判断基準 社会

伊勢原警察署 小林千秋署長

11月27日号

一人で判断しないで

一人で判断しないで 社会

留守番電話機能の活用を

11月27日号

殉職警察官を偲ぶ

殉職警察官を偲ぶ 社会

現場跡地で慰霊祭

11月27日号

防犯功労者に感謝状

防犯功労者に感謝状 社会

特殊詐欺抑止店舗なども

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク