伊勢原版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める 小木 淳一 さん  43歳

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

誰もが住みやすいまちへ

 ○…発達障害や知的障害など、症状の重い未就学児童が自立して生活できるよう援助する中核施設として、10月1日に市が開設した「おおきな樹」。同施設を運営する特定非営利活動法人リオフィールドの代表も務め「楽しく通ってもらうのが一番。児童の支援は保護者の支援にも繋がる。少しでも役に立てれば」と微笑む。

 ○…鎌倉市出身。中学生の頃、近所に住む障害のある児童の母親が、自身の母親に悩み事の相談をしていたのを見て、ハンディのある人の役に立ちたいと思うようになった。福祉の世界も情報化のスキルが必要になると考え、産業能率大学へ。在学中、障害がある人の運転手などのボランティアを経験。多くの人々との関わりが大きな経験になった。卒業後、厚木の障害者自立生活センターで相談員として勤務。その後、伊勢原市内の放課後等デイサービスでの勤務を経て、2010年に新法人を設立した。「会話も難しかった児童が、名前を呼んでくれるまでになり、活動に可能性を感じた。その体験が励みになっている」という。

 ○…小学2年と幼稚園年中の娘をもつ2児の父。家族とキャンプに出掛けるのが好きだが、今年は開所準備で夏休みを取れなかった。「家族は仕事を理解してくれている。娘たちは施設に来ても、障害のある児童を避けない。小さい時からの触れ合いが障害の理解には大事なんです」と話す。

 ○…常に当事者・保護者の立場に立つことを忘れない。気配りも人一倍で、スタッフの信頼も厚い。「おおきな樹」の由来も、大地に根差し皆に寄り添っていけたらという思いを込めて、スタッフ皆で考えた。「開設し、あらためて責任を実感。地域と協力して誰もが住みやすいまちにしていきたい」と意気込みを語った。横浜市在住。

伊勢原版の人物風土記最新6

小林 智浩さん

11月24日(日)に定期演奏会を開くSANNOウインドオーケストラの事務局長を務める

小林 智浩さん

産業能率大学出身 36歳

11月15日号

江口 みなさん

産業能率大学第41回瑞木祭実行委員会の代表を務める

江口 みなさん

産業能率大学3年 20歳

11月8日号

中尾 陽子さん

チャリティー朗読会を開く『手毬会』を主宰する

中尾 陽子さん

上粕屋在住 70歳

11月1日号

芳賀 光子さん

伊勢原南公民館主催の薬膳料理教室で講師を務めた

芳賀 光子さん

東富岡在住 72歳

10月25日号

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

有限会社パル音楽産業

レコーディング、イベントの音響・照明・ステージ・音響機材レンタルのことなら

http://www.pare.co.jp

千代田工業株式会社

あらゆる産業にあらゆる技術で貢献する

http://www.chiyoda-id.c0.jp/

山王総合(株)

総合建設から建物管理まであらゆるニーズにお応えします

http://www.sanno-sogo.co.jp/

比々多神社

2600年の歴史と格式を宿す古社は太古から現代へ今も人々を優しく見守ります

http://www.hibita.jp/

医療事務急募!

東海大学医学部付属病院、海老名総合病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 議会報告会を開催します

    伊勢原市議会 会派「いせはら未来会議」 会派報告

    議会報告会を開催します

    伊勢原シティプラザで11月23日(祝)

    11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平成の日本文芸

参加者募集

平成の日本文芸

読んでおきたい10作

11月24日~11月24日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク