伊勢原版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

伊勢原ゴルフセンター 開業50周年の節目 「トラさん」がプロ育成

スポーツ

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原ゴルフセンターで、中村寅吉プロのスイングを見守るギャラリー(写真提供=同センター)
伊勢原ゴルフセンターで、中村寅吉プロのスイングを見守るギャラリー(写真提供=同センター)

 市内岡崎の伊勢原ゴルフセンター(濱田光子代表取締役社長)が今日10月25日、開業から50周年を迎えた。日本のゴルフ界の第一人者で、「ゴルフの神様」と言われた、故・中村寅吉プロ(伊勢原市名誉市民)との関係が深く、伊勢原や平塚市民の「打ちっぱなし」練習場として歴史を重ねている。

 伊勢原ゴルフセンターは、1969(昭和44)年10月25日に創業。濱田精麦株式会社の実業団野球チームの練習拠点、「濱田球場」の敷地を活用して造られた。

 高度経済成長期のゴルフブームとともに歩み、当時は練習場に入るため駐車場待ちの車の列が、門の外まで続くほどだったという。

中村寅吉プロ伊勢原に転入

 同センターに所属する榎本七郎プロ(76)は、開業当時を知る一人。濱田精麦の役員らと一緒に試打を重ね、陽の光を考慮して練習場の向きなどを考えたという。

 また、榎本プロの師匠が、中村寅吉プロだったことから声をかけた縁で、中村プロが1972(昭和47)年に伊勢原に転入。同センターの近くに居を構えた。中村プロは、伊勢原カントリークラブ(市内子易)に所属しながら、同センターで樋口久子プロ、丸山智弘プロなどを育成・指導。日本女子プロゴルフ協会初代会長などを歴任した。

 2008(平成20)年に、92歳で永眠した中村プロ。晩年まで同センターに通い、プロアマ問わず、ゴルファーらと交流を深めた。また、喫茶室で夕方放映される『水戸黄門』を観るのが日課だったという。

 榎本プロは「怒られながら、厳しく指導を受けたのは良い思い出。早く上手くなってほしいという気持ちが強かったのだと思う」と話す。

 同センターには、伊勢原や平塚などから年間11万人の来場者がある。市ゴルフ協会とタイアップして、近年はジュニアゴルファーの育成などにも力を入れている。

 濱田代表取締役社長は「お客様、地域の方々に支えて頂いた50年。これからもオンリーワンの『伊勢原・平塚のボールパーク』をめざしていきます」とコメントを寄せた。

「トラさん」がいつも座っていた喫茶室のソファーに腰を掛け、思い出を語る榎本プロ
「トラさん」がいつも座っていた喫茶室のソファーに腰を掛け、思い出を語る榎本プロ
250ヤードの打ちっぱなし練習場
250ヤードの打ちっぱなし練習場

伊勢原版のトップニュース最新6

伊勢原中が県制覇

ソフトテニス

伊勢原中が県制覇 スポーツ

男子団体・個人で2冠

12月6日号

災害時に食料等 提供

災害時に食料等 提供 政治

市と大塚製薬子会社 協定

12月6日号

スタンプラリーでPR

大山宿坊

スタンプラリーでPR 社会

横国大生が考案

11月29日号

ライトアップで空間演出

日向薬師

ライトアップで空間演出 文化

12月14日まで特別展

11月29日号

3事業者・1店舗に栄誉

県表彰

3事業者・1店舗に栄誉 経済

商工業の発展に貢献

11月22日号

会員向け優待制度 創設

シルバー人材センター

会員向け優待制度 創設 経済

県内初 事業所を募集

11月22日号

紅葉をライトアップ

大山

紅葉をライトアップ 社会

あす16日から9日間

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 台風19号被災支援を議論

    令和元年度 第3回定例会 11月補正予算案 県政報告Vol.35

    台風19号被災支援を議論

    神奈川県議会 渡辺のりゆき

    11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク