神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2020年2月7日 エリアトップへ

2月8日(土)に開催される親子タグラグビー教室の講師を務める 村田 亙さん 専修大学ラグビー部監督 52歳

公開:2020年2月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

人に優しく自分に厳しく

 ○…タックルなどの接触プレーをしないことで、子どもでも安全に楽しめるタグラグビー。2月8日(土)に専修大学伊勢原総合グラウンドで行われる市主催の親子タグラグビー教室で、伊勢原を練習拠点にしている専修大学ラグビー部の監督として講師を務める。「体を動かすことの楽しさや、チームワークの大切さを伝えたい。そこからラグビーに興味を持ってもらえたらうれしいですね」と微笑む。

 ○…福岡県出身。7歳の時、兄の影響で地元のクラブへ。小学校の卒業アルバムに「将来日本代表で世界を駆け回りたい」と書いた。高校ラグビーの聖地、花園に2年の時に初出場。「監督のおかげ。パスが前提のスクラムハーフにも関わらず、自由に持ち出してプレーさせてくれた。この経験がその後のラグビー人生に生きました」

 ○…専修大学時代は、主将として関東大学リーグ優勝。その後進んだ東芝では、チームの日本選手権3連覇に貢献した。24歳の時に日本代表としてW杯に初出場。海外メディアから高い評価を得て、3大会連続でW杯に出場した。31歳でフランスのクラブと日本人初のプロ契約。2年間の海外生活を経て、ヤマハ発動機に移籍。40歳まで現役を続け、7人制日本代表の監督に就任した。44歳で専修大ラグビー部の監督に。「困難に立ち向かい、道を拓いてきた。ラグビーから誠実でいることや、チームワークの重要性を学んだ。選手とはコミュニケーションを大切に『人に優しく、自分に厳しく』と常に指導しています」

 ○…4人の娘の父親。長女はラグビー部のマネージャーとして父をサポートする。「目標は日本一。古豪と言われた専大ラグビーを復活させます」と自信をのぞかせる。横浜市在住。

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

守屋 義雄さん

公益社団法人 神奈川県歯科医師会の第23代会長を務める

守屋 義雄さん

横浜市在住 65歳

12月8日

成田 修さん

「蝉凧を作る会」の会長をつとめる

成田 修さん

板戸在住 71歳

12月1日

西舘 昂汰さん

プロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受けた

西舘 昂汰さん

専修大学4年生 22歳

11月24日

中山 沙由美さん

さがみ生活クラブ生協伊勢原コモンズの運営委員会委員長をつとめる

中山 沙由美さん

大住台在住 36歳

11月17日

原田 圭輔さん

伊勢原青年会議所で「資質の向上未来創造委員会」の委員長をつとめる

原田 圭輔さん

東大竹在住 38歳

11月10日

塩澤 凛音(りん)さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の代表をつとめる

塩澤 凛音(りん)さん

産業能率大学3年 21歳

11月3日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook