伊勢原版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

伊勢原署 大山で山岳救助訓練 崖を降下しケガ人搬送

社会

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena
負傷した登山者役の隊員を背負い、高さ7mほどの崖の上から降下して搬送する救助隊員
負傷した登山者役の隊員を背負い、高さ7mほどの崖の上から降下して搬送する救助隊員

 伊勢原警察署(植松宏文署長)は4月16日、春の行楽シーズンを迎え、大山への登山者の増加が予想されることなどから、大山寺付近の山中で津久井署員や本部地域総務課航空隊特務班員と合同で山岳遭難救助訓練などを行った。

 登山者が崖から滑落したとの想定で行われこの日の訓練。伊勢原署の地域課に所属する山岳遭難救助隊員が、負傷した登山者役の隊員を背負って、高さ約7mの崖からロープを使って降下する訓練などを行った。

 また訓練後は山岳パトロールを実施。大山寺から大山阿夫利神社下社、山頂、見晴台の約6Kmのコースを7時間かけてパトロールし、道標などの確認を行った。

過去10年で最多の山岳事故

 伊勢原署によると、大山では昨年45件の山岳事故が発生し、過去10年間で最多となった。特に増加したのが紅葉シーズンで、11月は1カ月で14件の事故が発生した。

 救助者の中には、下山時間や休憩時間など自身の体力を考えず、昼過ぎから入山し、日没や疲労から自力で下山できなくなる人が多かったことから、同署では大山阿夫利神社下社付近に署員を配置。軽装な登山客にライトの有無や、登山カード(登山計画書)の提出などの声かけを実施し、事故の防止に努めていた。

登山カードの提出を

 大山駐在所勤務で山岳救助隊の北條保徳警部補は「山岳救助隊はチームワークと信頼関係が大事。2次災害を起こさないよう日頃から訓練を重ねていく」と話し、登山者には「今年すでに7件事故が発生している。登山の際は十分な下調べと装備、登山カードを提出してほしい」と呼び掛けている。

伊勢原版のローカルニュース最新6

西湘さつき愛好会が催し

西湘さつき愛好会が催し 社会

中央公民館で28日、29日

5月20日号

伊勢原を明るく元気に

伊勢原を明るく元気に 社会

湘南イセハライチが盛況

5月20日号

40人が熱戦繰り広げる

伊勢原みちのく会

40人が熱戦繰り広げる 社会

30周年の記念大会

5月20日号

収益金で20万円寄付

チャリティーコンサート

収益金で20万円寄付 社会

ウクライナの子どもへ

5月20日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月20日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook