伊勢原版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

吉川醸造 仏国際コンクールで金賞 日本酒の新ブランド開発

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
「雨降純米吟醸」を手にする杜氏の水野さん
「雨降純米吟醸」を手にする杜氏の水野さん

 市内神戸の吉川(きっかわ)醸造株式会社(合頭義理代表取締役社長)が製造した日本酒の新ブランド、「雨降(AFURI)」の純米吟醸(720ml)が、フランスで開催されたフェミナリーズ世界ワインコンクール2021の純米吟醸部門で、金賞を受賞した。同コンテストには世界10カ国から、5000種類以上が出品。同社は初出展で金賞を受賞した。

 フェミナリーズコンクールは、ワインの本場フランスでTOP5に入る世界的知名度の高いコンクール。世界中から女性のソムリエ、醸造家、ジャーナリスト、シェフなど約600人の女性ワイン専門家が集まり審査を行っている。日本からは2017年より日本産のワインなどが出品され、日本酒部門は昨年新設。同社は同部門の純米吟醸部門に今回初出品で、金賞を受賞した。

 市内唯一の酒蔵

 吉川醸造は1912(大正元)年に創業。麹造りの段階から最小単位の手造りによる「蓋麹法」の採用など、丁寧な酒造りを行ってきた市内唯一の酒蔵。2020年10月にシマダグループに株式移譲し、同グループに入った。近年の国内における日本酒需要の減少を打開しようと、新体制のもと、海外での需要を視野に入れた新ブランドを立ち上げ、企業として新たな出発をすることを目的に商品開発を行った。

 新ブランド雨降(AFURI)は、硬度150という大山から流れる「優れた水を使用する酒蔵」をアピールするため、「雨降山」とも呼ばれてきた大山をイメージして命名。ラベルの文字は大山阿夫利神社の神職が揮毫している。

 今回金賞を受賞したのは長野県産美山錦を100%使った淡麗辛口の純米吟醸酒。貴重な秋田流花酵母を使用し、低温発酵で米の旨みをじっくりと凝縮した。同社の杜氏、水野雅則さんは「麹の種類や仕込みの配合を変え、これまでのうちの日本酒と全く違うものを作ろうとチャレンジした」と話す。商品については「香りが長く続く酵母を使い、甘みと酸味のバランスが良いものができた。女性や日本酒を苦手にしている人にも楽しめると思う」と自信をのぞかせる。金賞の受賞には「嬉しいし、今後の励みになる。これを糧にますます良いものを作る意識が高くなった」と喜びを語る。また合頭代表取締役は「伊勢原市唯一の蔵として市民の皆様に愛され、また世界に向けて発信していくことが当面の目標」と話す。

 商品は同社のほか、オンラインショップでも購入できる。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

鈴木靖夫会長が栄誉

警察官友の会

鈴木靖夫会長が栄誉 社会

長期功労役員として表彰

6月18日号

マスクの製造販売開始

株式会社ムサシノ精機

マスクの製造販売開始 経済

補助金活用し新規事業

6月18日号

辻本耀清くんが優勝

神奈川県道場少年剣道大会

辻本耀清くんが優勝 スポーツ

9月に全国大会へ

6月11日号

宿坊紹介のガイド本作成

伊勢原市

宿坊紹介のガイド本作成 社会

「ワーケーション」見込む

6月11日号

駅前で物販イベント

まけるな伊勢原イセハライチ

駅前で物販イベント 経済

5日・6日 竜神通り

6月4日号

市制50周年で切手作成

日本郵便(株)

市制50周年で切手作成 社会

限定400シート

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter