伊勢原版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

ビーチバレー大学選手権 山田・オト組が日本一 昨年に続き2連覇

スポーツ

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
優勝した山田選手(右)とオト選手
優勝した山田選手(右)とオト選手

 ビーチバレーボール・ジャパン・カレッジ2021 第33回全日本ビーチバレーボール大学男女選手権大会が7月15日、16日に兵庫県で開催され、産業能率大学女子ビーチバレー部の山田紗也香選手(4年)と、オト パウリネ恵美里選手(3年)のペアが女子トーナメントで優勝。昨年に続き2連覇を達成した。

 同選手権大会予選会を兼ねた、関東大学ビーチバレーボール男女選手権大会で優勝した山田・オト組は、準優勝した同大学の後輩とともに、全日本選手権大会に出場した。

 20チームが出場した同選手権の女子トーナメント。山田・オト組は初戦、鹿屋体育大学、次の日本体育大学ともにストレートで勝利し準決勝へ。相手は同じ大学の後輩ペア。山田選手は「力は互角だけれど負けたくなかった」という通り、試合は両者が1セットずつ取る接戦に。3セット目も一進一退の攻防が続くが、最後は山田選手が2本連続のサービスエースで得点し、接戦をものにした。

 決勝の相手は神戸学院大学。「勝てる自信はあった」という通り、山田・オト組がストレートで下し優勝。2連覇を達成した。「2連覇できてほっとした。プロの仲間入りできる良い実績作りができた」と山田選手。オト選手は「優勝できて安心した。来年はペアが変わり、1からのスタートになるが頑張りたい」と話す。

タイプの全く違う2人

 山田選手がテクニックを駆使した頭脳プレーを得意とし、オト選手は強打力などパワーが持ち味。「オト選手のパワーを生かすため、私が考えて、相手の嫌がることをついていく。2人のタイプが全く違う」と山田選手は分析する。

 産能大女子ビーチバレー部は同選手権で7度目の優勝。強さの秘密は、川合庶(ちかし)ヘッドコーチが、選手の自主性を重んじ、自ら考えさせる指導を徹底してくれるからだという。2人は「やりたいようにやらせてくれる」と口を揃える。

 山田選手は小田原市出身。中学3年生の時にビーチバレーに転向。湘南ベルマーレユースを経て、産能大に進んだ。「将来はエッフェル塔の前でプレーしたい」とパリ五輪出場への目標を語る。

 オト選手は愛知県出身。下北沢成徳高校を卒業後、母親と川合コーチが同級生だったことから産能大へ。入学とともに、ビーチバレーに転向した。「将来のことはまだわからない。今後は後輩の指導もあるので頑張りたい」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

プレミアム商品券を販売

商連

プレミアム商品券を販売 経済

割増し率30% 消費喚起に

12月3日号

文科大臣表彰を受賞

市スポーツ少年団

文科大臣表彰を受賞 スポーツ

青少年の健全育成に寄与

12月3日号

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook