神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
伊勢原版 公開:2024年5月3日 エリアトップへ

平塚市美術館で「平野杏子展」を開催している 平野 杏子さん 伊勢原市出身 94歳

公開:2024年5月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

描くことは生きること

 ○…平塚市にアトリエを構え、現在も第一線で創作を行う。6月9日まで開催中の個展には、70年の画業を振り返ることができる代表作や初公開作品など約60点が並ぶ。「描くことはそのまま生きること。常に絵筆を握る生活を続けた」という言葉からは、女性作家が稀だった時代から活動を続けた先駆者としての情熱がほとばしる。

 ○…伊勢原市で生まれ育った。自宅の隣が本屋だったこと、小説家が近くに住んでいたこともあり、幼い頃から本の虫だった。「戦中・戦後の時代は訴えたいことを文にすることができなかったので、代わりに絵を描くことで表現していた」と画家の道に進むきっかけを語る。「一刻も早く東京で絵を学びたかった」と共立女子専門学校に入学し、旺玄会展で受賞を重ねた。

 ○…23歳から2年ほど、地元の中学校で彫刻や被服の教師として働いた。この頃、ヌードデッサンの技術が評価され、仕事の傍ら、新宿の研究所に赴き講師を務めた時期もある。結婚を機に24歳で平塚市に移り住んだ。2人の息子を授かるも、「育児と制作活動の両立に苦労した」。40代になると、華厳経の世界観を表した大作を制作。代表作は、韓国取材の際に出会った磨崖仏(まがいぶつ)を描いたシリーズだ。「南北戦争があった地に立ち、日本がこんな目に遭わないでほしいと思った」と平和への願いも口にする。

 ○…読書好きは今も変わらず、最近はエジプトの歴史本を愛読。眠れない時は童謡を繰り返し聞くといい、「多くの人に支持されている歌は全て気に入っている」とほほ笑む。女性画家としての活躍の場を自らの筆で切り開いた自負を胸に、「好きなことを伸ばして自立してほしい」と現代を生きる女性にエールを送った。

廃食油をリサイクルしバイオディーゼル燃料を製造

㈱鈴木油脂は県内唯一の動物性食用油脂製造工場・食用廃油のリサイクル工場です

http://suzuki-oil.co.jp

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

井上 貞夫さん

いせはら市展の絵画・版画・彫刻部門で2年連続市長賞を受賞した

井上 貞夫さん

下落合在住 80歳

6月21日

本間 浩久さん

伊勢原吹奏楽フェスティバルに出演する伊勢原市民吹奏楽団の代表を務める

本間 浩久さん

伊勢原在住 62歳

6月14日

栗田 由美子さん

保健師として第59回神奈川県看護賞を受賞した

栗田 由美子さん

介護高齢課 59歳

6月7日

井口 穐夫さん

伊勢原南公民館の「はじめての菊づくり講座」で講師を務める

井口 穐夫さん

板戸在住 76歳

5月31日

田渕 勝彦さん

比々多神社雅楽会の代表を務める

田渕 勝彦さん

桜台在住 66歳

5月24日

西野 節(みさお)さん

聖峰(ひじりみね)世話人会の会長を務める

西野 節(みさお)さん

三ノ宮在住 68歳

5月17日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook