綾瀬版 掲載号:2012年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

プロサッカーチーム「ジュビロ磐田」のコーチ 小林 稔さん 綾瀬市綾西出身 35歳

ひたむきに、前進するのみ

 ○…日本プロサッカーの「黄金時代」も築いた名チーム「ジュビロ磐田」のトップチームコーチに今春から就任。監督率いるスタッフ12人の一翼となり、チームをバックアップする。プロ引退後、これまではジュニアやユースの育成を担ってきた。「指導の本質は変わりません。プロに対する緊張やプレッシャーもありますが、最大限に力を発揮できるようにしたい」。挑戦と躍進の日々が続く。

 〇…兄の影響で小学校2年生の時、「西綾サッカークラブ」でサッカーを始めた。学校や道路、あらゆる場が練習場所。「『努力』というような苦労ではなく、ただ好きでやっていた結果」。小学生では市選抜で県優勝、城山中時代は全国大会3位の成績に貢献、名門・桐光学園高校でも1年生からレギュラーとして、インターハイや選手権などサッカー少年が憧れるほとんどの舞台を経験した。選抜や全国など「ステップアップする毎に、上には上がいた」。強者に出会うたび、ひたむきに追いかけた。純粋にサッカーが好きで、まっしぐらに駆け抜けた青春時代。

 〇…プロ初出場の試合は忘れられない。「思うようにできなかったけど、嬉しかった」。上に登りつめてもプロの門戸はあまりに狭く、大学卒業を迎えた時に内定は無かった。それでも夢を諦めず、「FC東京」の練習生として練習に参加。他の同期に数か月遅れて半年間の契約にこぎつけた。出場できる喜びを噛みしめピッチに立ち、3年後には開幕スタメンに起用された。

 〇…新天地はとても良い雰囲気で、磐田の暮らしにもすぐに溶け込んだ。美味しいプリンの店だって知っている。温厚な人柄と真摯なスタンスに信頼も寄せられている。指導の基軸は「できる・できないでなく、やろうとしているか・していないか」。「キツい」など劣勢感の中で「これで十分」と思えば「その程度」に終わってしまう。大きな声で叱咤激励し、選手やチームを押し上げていく。
 

綾瀬版の人物風土記最新6件

鈴木 一哉さん

綾瀬市商工会青年部花火大会の運営委員長を務める

鈴木 一哉さん

8月24日号

朽木 正美さん

アジアユースと市民の歌実行委員会の実行委員長を務める

朽木 正美さん

8月3日号

生駒 秀之さん

国際ロータリー第2780地区第4グループガバナー補佐を務める

生駒 秀之さん

7月20日号

長尾 賢一さん

「ネイチャーシップ2018」を実施する綾瀬青年会議所(JC)NRF実行委員会の委員長を務める

長尾 賢一さん

7月6日号

大場 洋美さん

6月18日から始まった「あやせ工匠塾」の講師を務める

大場 洋美さん

6月22日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

6月8日号

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク