綾瀬版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている 齋藤 悦子さん 綾西在住 76歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

明るく楽しく、元気に長く

 ○…知事を迎える80人の住民の中で、ひときわ笑顔で小気味よく体を動かし、大きな声で歌っていた。聞くと、地域でフォークダンスと民謡を教えて8年が経ったという。「忙しすぎるから少しずつ減らしているの。落ち着きがないというか、せかせかしてるだけなのよね」と、取材を受ける事を何やら楽しんでいる様子。そのせいかこちらも楽しい。

 ○…「気はながく、心はまるく、腹はたてず、口つつしめば命ながし」京都・大仙院住職の言葉を手帳の1ページ目に書き、事あるごとにそれを読む。そのページには「住みよい社会、地域」「見栄を捨て心を豊かにしよう!」など、琴線に触れたであろう数々の金言や格言が記されている。カレンダーには予定がびっしりで手帳も膨らみを帯びている。

 ○…1943年、静岡県袋井市の出身。地元の高校を卒業して上京し、親類の紹介で東芝に入った。役員付の秘書として勤務し、当時の常務から社会人としてのイロハを学んだ。職場の上司から紹介された建築士とお見合いをして24歳で結婚。1児の母となり高井戸から綾瀬に移り住んだ。夫と息子2人の4人家族で子育て時代を過ごし、3人の孫にも恵まれた。「息子が近くにいて安心。私は兄が2人に弟が1人、息子2人に孫3人もみんな男なの」と笑う。

 ○…「主人と支え合いながら」「何もないときは主人と一緒に歩くの」「息子2人も建築関係だから主人は嬉しいと思うわ」と、夫の話題が尽きない。秋田出身の優しい夫と元気に過ごす時間を少しでも長くすることがこれからの目標だという。昔から欧米諸国を訪れ、英語を学び今も英語の勉強は欠かさない。当面の目標は「1日1万歩を何としても守ることね」と揚々。

一緒に働きませんか?

綾瀬ゆたか幼稚園では「あずかり保育」の先生を募集しています。

https://www.yutaka-kg.ed.jp/

<PR>

綾瀬版の人物風土記最新6

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

小宮 量基(かずもと)さん

綾瀬市民俗芸能保存協会の会長として市民文化祭に参加している

小宮 量基(かずもと)さん

早川在住 74歳

10月4日号

大光寺 圭さん

綾西バザール商店街で「あやせ音楽祭」を開催する

大光寺 圭さん

綾瀬市内在住 39歳

9月20日号

小川 秀雄さん

ジャズオーケストラのバンドマスターとして50年にわたり活動している

小川 秀雄さん

寺尾西在住 71歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク