綾瀬版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

大日本プロレス所属プロレスラーとして活躍する 谷口 裕一さん 綾西出身 36歳

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

熱くなったら一直線

 ○…プロレス団体「大日本プロレス」に所属。子どもの頃、海老名の興業で生の試合を見て、その迫力に一発で虜になった。それまで祖父と共に「テレビで見るだけ」だったプロレスが、目指すべき夢に変わった瞬間。熱くなったら一直線、中学を出て15歳でプロレス界の門戸を叩く。「親にはめちゃくちゃ反対されたし、周りにも高校は出ておけと言われた。でも、その3年間をプロレスに懸けようと思った」と熱っぽく語る。

 ○…レスラー歴21年。人生の半分以上をプロレスに捧げてきたことに後悔はなく、夢だったことを続けてていられることに幸せを感じている。試合には子どもに興味を持ってもらえるレスラーでいることを意識し、臨んでいる。以前はランドセルを背負ったコスプレレスラー「戦う小学生・谷口君」というキャラでリングに上がっていた時期もあった。そこには「自分の試合を面白いと思った子たちが、プロレスに入るきっかけになれば」という思いがある。

 ○…綾瀬生まれの綾瀬育ち。子どもの頃は大自然を駆け回り、秘密基地を作ったりザリガニ釣りをしたりと活発に遊んでいた。「自然豊かな地元が大好き。そのおかげで、体が作られたのかも」と笑う。今も山が好きで、試合がない時は癒しを求めて自然の中に遊びにいくそうだ。「キャンプとかバーベキューが好きで、よくやりに行く。休日を自然の中で過ごすことで、オン・オフの切り替えができるんだ」と頬を緩ませる。

 ○…「昔に比べ、プロレスを見られる環境が減ったと実感する」。誰もがTVで見るのが当たり前で、同級生と技をかけあい遊んだ子ども時代。好きだった天龍や大仁田厚などのレスラーに憧れたからこそ、今の自分がある。「未来の子どもたちがいないと、プロレスが衰退してしまう。だから少しでもたくさん見る機会を作りたい。子どもたちがプロレスに入るきっかけに、自分がなれたら最高だよね」と目を輝かせ語った。

綾瀬版の人物風土記最新6

柏木 秀一さん

綾瀬市商工会青年部桜まつりを開催する事業委員会事業委員長を務める

柏木 秀一さん

寺尾南在住 31歳

4月5日号

中川 佳祐さん

綾瀬市サッカーフェスティバル社会人チームで優勝した「カズマールFC」主将の

中川 佳祐さん

上土棚北在住 29歳

3月22日号

田林 敏弥さん

高座施設組合屋内温水プールの館長に就任した

田林 敏弥さん

上土棚中在住 35歳

3月8日号

麹家 ペイ太郎(本名:川野要嗣)さん

オーエンス文化会館で寄席を行うアマチュア落語家の

麹家 ペイ太郎(本名:川野要嗣)さん

早川城山在住 51歳

2月22日号

門間 亜里沙さん

あやせ国際フェスティバルでゲストスピーカーを務める

門間 亜里沙さん

寺尾本町在住 38歳

2月8日号

鈴木 裕太さん

昨年末の綾瀬市イルミネーションでプロジェクションマッピングを手掛けた一人

鈴木 裕太さん

平塚市在住 21歳

1月25日号

柏木 利幸さん

医と食をコンセプトにした医療モールを市内で初めて開設した

柏木 利幸さん

深谷中在勤 43歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク