綾瀬版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

アマチュア野球審判員で国内初の「国際審判員」に合格した 山口 智久さん 早川城山在住 44歳

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

夢は東京五輪野球の審判

 ○…国際審判員は、全日本野球協会公認の資格。昨年4月導入の3級から始まるライセンス制度で、所属連盟などから推薦を受けた1級保有者が受けることができる。初開催の今回、参加した1級審判員は国内約1万人のうち30人。国際試合経験があったことから打診を受け、筆記や実技を経て21人の合格者の1人に選ばれた。「受験者は共に頑張る仲間であり、ライバル。試合とは違った緊張感があった」と振り返る。

 ○…明大野球部出身の縁で東京六大学野球の審判に誘われたのが、この道に入ったきっかけ。当時は職業柄土日休みが難しく、「それならうちに来ないか」と声をかけてくれたのが、「(株)向隆」の善波達也社長(現・明大野球部監督)だった。しかし、すでに埼玉で家を買い、子どもは生まれたばかり。悩み抜いた末に、綾瀬に居を移す決意を固めた。「今の自分があるのは、家族の理解と会社のみんなのフォローがあればこそ」と感謝の言葉を口にする。

 ○…埼玉県出身。現在は夫人と息子、娘の4人暮らし。野球は小学校からで、高校時代は甲子園の地区予選決勝まで進んでいる。審判になろうと思ったのは、「あと一歩届かなかった夢の舞台の土を踏めるかも」という期待もあった。今では社会人都市対抗野球や甲子園でも毎年審判を務めている。「やっぱり高校野球は違う。初心に返るというか。開会式は毎年感動してしまう」と感慨深げに話す。

 ○…「選手の道は諦めても、違う形で野球に携わることはできる。資格導入が、若い人が審判を目指すきっかけになれば」。早くて30代からの人が多いこの道で、目指すべきものが明確になるライセンス制度に期待を寄せる。目標は、2020年の東京五輪。競技種目に野球が復活すれば、国際審判員は選ばれる可能性がある。「正式種目候補には、空手もある。娘が空手をやっているので、親子で五輪に携われたら嬉しいよね」と父の顔を覗かせた。

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク