綾瀬版 掲載号:2016年5月27日号
  • LINE
  • hatena

ABFに出演するジャグリングパフォーマーで、同祭実行委員も務める DAISUKE(本名:武藤大輔)さん 深谷南在住 29歳

綾瀬育ちのパフォーマー

 ○…光・食・文化の祭典〜Ayase Baseside Festival(ABF)は光の演出、ご当地グルメと米軍BBQ、第7艦隊音楽隊の演奏など「これまで綾瀬になかったイベント」をコンセプトに昨年から催されている。立ち上げ当初から実行委員会メンバーとして携わり、自身もパフォーマーとして出演。今年はステージラストに行われる映画『座頭市』の振付けを担当したタップダンサー「HIDEBOH」の直前のショーを担当する。「LEDを使ったものやジャイアントバルーンなど、気合を入れた演出をお見せします」と意気込みを語る。

 ○…デビューは5年前のラーメン博物館でのイベント。自分がやりたいことを詰め込んだだけの初舞台は足を止めてもらえず、まばらにしか人が集まらなかった。それからは喋り方やステージ構成、立ち振る舞いなど芸の技術以外も勉強した。プロの先輩にアドバイスを貰うなど貪欲に学び、1列だった客が2列、3列と増え始め、今では大勢に取り囲まれるほどに。

 ○…深谷南で生まれ育つ。元々、お手玉や「指でバスケットボール回し」のような一芸が得意で、大学生の時に市内社会人サークル「綾瀬ジャグラーズミーティング」の門戸を叩いた。今もサークルに所属しながら、個人パフォーマーとして商業施設や企業パーティー、ブライダル等に出演している。得意なのは、昔から好きなボールジャグリング。「できなかったことが出来るようになるのが楽しい」と、その魅力を語る。

 ○…今回は米軍のブースやパフォーマンスを増やすなど、よりパワーアップした様々なものを企画している。「HIDEBOHさんや、花火も見どころです」と自信を覗かせる。主催者の一人として「自分が子どもの頃からわくわくしていた綾瀬の他の祭りに並ぶ、一大イベントにしていこうという催し。会場から溢れるくらいの人を集められるものにしたい」と話した。

綾瀬版の人物風土記最新6件

柏木 利幸さん

医と食をコンセプトにした医療モールを市内で初めて開設した

柏木 利幸さん

1月11日号

齊藤 拓也さん

綾瀬青年会議所理事長に就任した

齊藤 拓也さん

1月1日号

山口 慎史さん

初開催されたあやせ技能五輪で市長賞を受賞した

山口 慎史さん

12月14日号

池上 忠幸さん

通学児童の安全を毎朝、約40年にわたり見守り続けた

池上 忠幸さん

11月30日号

もとしろ けいこさん 本名:本庄(ほんじょう)圭子

花いちもんめで月1回の「健康トーク」を行っている

もとしろ けいこさん 本名:本庄(ほんじょう)圭子

11月16日号

高木 徹さん

綾瀬市オーエンス文化会館と市中央公民館の新館長に就任した

高木 徹さん

11月2日号

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マーチングバンド体験会

マーチングバンド体験会

全国1位チームと気軽に交流

2月3日~2月3日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あやせの歴史を訪ねて

    〈第49回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる49

    あやせの歴史を訪ねて

    綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

    1月11日号

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク