綾瀬版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

綾瀬イノベーション推進委員会の委員長を務める 土橋 恒一さん 早川城山在住 50歳

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena

やるからには「全力投球」

 ○…市内の若手経営者ら13社で構成される推進委員会。ものづくり企業の2代目社長や次期2代目が集まり、「これからの綾瀬の発展のために、何か変えていかなければ」という思いから結成された。委員長就任の経緯は、前任である初代委員長の本業が忙しくなったため。「自分もプレーヤー社長だった時期もあるので大変さはわかるし、断る理由もない」と快諾した。

 〇…推進委員会の主な活動は月1回の会合や、大学生との意見交換、東京都大田区の下町ボブスレーネットワークプロジェクト参加企業との交流など。今は公募型企画「イノベーションものづくりプロジェクト」など、新たな動きも始まった。4月には委員会参加企業合同の入社式を行う案も出ている。「中小企業は新入社員がごく少数で、同期意識というものがない。合同で行えばこれが芽生え、ゆくゆくは企業間交流などにもつながるのでは」と、その効果に期待を寄せる。

 〇…生まれは川崎市。創業者である父から受け継いだノーブル電子は、空調自動制御システムを製造する会社。同社の製品はスカイツリーや丸の内・大手町のビル、東京駅、ランドマークタワーで使用されるなど、大きなシェアを持つ。小6の息子と小4の娘がいる2児の父。楽しみは美味しいものの食べ歩きと、仕事のあとの酒。毎日飲んでいるというワインや、それより好きだという日本酒、料理が美味しいお店の話を楽しそうに話してくれる。

 〇…「6月から奉仕団体である綾瀬ロータリークラブでの役が決まっていたので、委員長は1年という約束で受けた」と話す姿には、「中途半端なことはしたくない」という全力投球の姿勢が伺える。新たな動きが出たとはいえ、委員会の活動はまだまだ手さぐり状態。「本当は在任中に、これというものを作りたかったけど道筋はできたと思う。いい仲間に出会えたので、任期後も協力していきたい」。顔をほころばせ、語る。

綾瀬版の人物風土記最新6

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

小宮 量基(かずもと)さん

綾瀬市民俗芸能保存協会の会長として市民文化祭に参加している

小宮 量基(かずもと)さん

早川在住 74歳

10月4日号

大光寺 圭さん

綾西バザール商店街で「あやせ音楽祭」を開催する

大光寺 圭さん

綾瀬市内在住 39歳

9月20日号

小川 秀雄さん

ジャズオーケストラのバンドマスターとして50年にわたり活動している

小川 秀雄さん

寺尾西在住 71歳

9月6日号

伊東 はるかさん

市史文化財担当として文化財企画展の運営に携わった

伊東 はるかさん

綾瀬市役所職員 25歳

8月23日号

花岡 賴利(よりとし)さん

過去3回、詐欺被害を未然に防いだ

花岡 賴利(よりとし)さん

上土棚北在住 69歳

7月26日号

森山 謙治さん

「菜速 あやせコーン」の生産者でトウモロコシ部会の部会長を務める

森山 謙治さん

早川在住 62歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク