綾瀬版 掲載号:2017年10月6日号 エリアトップへ

9月4日付で新しく大和警察署長に就任した 小林 仁さん  横浜市在住 57歳

掲載号:2017年10月6日号

  • LINE
  • hatena

”原点”胸に安全守る

 ○…新しく職員数400人を超える県内でもトップクラスの大所帯を率いることになった。「その重責を痛感する」と神妙な面持ちで語る。着任直後、「原点を忘れないように」と職員に訓示したのは警察法第2条。公共の安全と治安を護るため「警察職員全員が等しく責任を有している」と各人の立場を越えた団結を目標に掲げた。

 ○…新潟の生まれ。すぐ横浜市鶴見区へ。刑事ドラマ『太陽に吠えろ』に影響を受けた少年時代。ボスの懐刀・”山さん”に自らを重ね「せっかく仕事をするなら」と警察官を志す。横須賀署に配属されてから現在まで、機動隊に5度配属され、副隊長まで経験。昭和天皇の大喪の礼や阪神淡路大震災、オウム真理教の麻原彰晃逮捕など歴史の一ページとなった現場に何度も居合わせた。

 ○…「きつかったが良い思い出」というのが、組織委員会の一員として県警から出向した2002年のサッカーワールドカップ日韓大会。民間企業から各分野のプロが集まり、「同僚」として約2年半を過ごした。横浜での決勝戦。天皇陛下をはじめ当時の小泉純一郎首相、金大中大統領らが揃うVIP席の真下に設けられたガラス張りの部屋で待機。試合の裏側で、次から次へと起こる問題に「携帯2台持っていたが、鳴りっぱなし」だったという。試合の結果もわからないまま終了。「緊張感は最高潮。終わった途端、気が抜けた」と当時の興奮がよみがえったように顔を上気させた。

 ○…映画「男はつらいよ」の大ファン。下町の風景が子どもの頃の景色と重なり、ちょっとした時間があると、ひとりノスタルジーに耽るそうだ。映画の中の思いやりや人情味あふれる人間関係に触れる度、「不寛容でコミュニケーション不足な今の時代に一番必要なもの」と感じるそう。「コミュニケーションは基礎体力。犯罪に強いまちづくりのため基礎体力をつけていきたい」と力強く語った。

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク