綾瀬版 掲載号:2018年5月25日号
  • LINE
  • はてぶ

間もなく収穫時期を迎える綾瀬市園芸協会トウモロコシ部会の部会長を務める 山田 英毅さん 落合南在住 50歳

”菜速”に込めた熱意と思い

 ○…綾瀬の初夏の風物詩、トウモロコシ畑。例年6月中旬から7月中旬にかけピークを迎えるが、今年は強風の影響で生育が遅れている。と思えば一転、急な気温上昇で一気に成長が進む恐れがあり、管理が非常に難しい状況にあるという。しかし北海道への出荷など、近年高い評価を受ける綾瀬のトウモロコシを楽しみに待つ消費者のため、畑仕事に余念がない。

 ○…県の指定産地になっている綾瀬はブロッコリーを作る農家が多く、家業を継いだ当時、トウモロコシは秋までの繋ぎでブロッコリー畑を作るための前作でしかなかった。この状況に父と口論になることもあったが、10年以上かけ少しずつ変えていった。「若い自分を部会に行かせてくれた父や、話を聞きやらせてくれた先輩方のおかげ」。組織の柔軟さに、感謝の念を滲ませる。

 ○…綾瀬で生まれ育つ。綾瀬市役所に勤めたが一念発起し、34歳で家業に。3人の娘の父で、趣味はスポーツ観戦。高校時代にやっていたラグビーが好きで、6年前に娘が明治大学ラグビー部のマネージャーになったのを機に、観戦を再開した。「まさか娘がラグビーに関わるとは思わなかった」と、嬉しそう。今では仕事のいい息抜きで、ワールドカップの日本開催を心待ちにしている。

 ○…市がシティプロモーションで打ち出す「菜速」。収穫から6時間以内に首都圏の店頭に並べる取り組みにおいて、鮮度の差が出やすいトウモロコシは大きな武器になる。これをより周知するためJAや行政と協力しての市外での対面販売やポスター作製、メディア露出への対応など、広報活動にも力を入れる。「鮮度で勝負できるレタスやトウモロコシを軸に綾瀬野菜の付加価値を上げ、ブランド化していきたい」と意気込みを語った。

綾瀬版の人物風土記最新6件

津田 雅彦さん

第13回全日本ブラインドダンス選手権大会の実行委員長を務めた

津田 雅彦さん

10月5日号

小川 くに子さん

今年3月から小園地区で毎朝ラジオ体操を行うきっかけを作った

小川 くに子さん

9月21日号

仲村 邦弘さん

綾瀬市防火協会の会長に就任した

仲村 邦弘さん

9月7日号

鈴木 一哉さん

綾瀬市商工会青年部花火大会の運営委員長を務める

鈴木 一哉さん

8月24日号

朽木 正美さん

アジアユースと市民の歌実行委員会の実行委員長を務める

朽木 正美さん

8月3日号

生駒 秀之さん

国際ロータリー第2780地区第4グループガバナー補佐を務める

生駒 秀之さん

7月20日号

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋空のもと名所・グルメ巡り

2日間開催に規模拡大、ロケ地も びゅ〜っとあやせ

秋空のもと名所・グルメ巡り

10月28日~11月4日

綾瀬版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あやせの歴史を訪ねて

    〈第46回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる46

    あやせの歴史を訪ねて

    綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

    10月5日号

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク