綾瀬版 掲載号:2018年6月22日号
  • googleplus
  • LINE

6月18日から始まった「あやせ工匠塾」の講師を務める 大場 洋美さん 吉岡東在住 68歳

若手育てる「綾瀬の匠」

 ○…匠の技を若手に伝え、綾瀬のものづくり技術向上を目指す「あやせ工匠塾」の講師を第1回から務める。これまで3回行われ、14人の教え子を輩出。学んだ若手は6回の講座で目に見えて実力が上がり、後日見学に行った職場では上司の評価も上がっていたという。「技術に自信がつけば、仕事の動きが違ってくる。若手が育つ様を見るのは楽しい」と微笑む。

 ○…難易度の高い溶接を得意とする(有)大場工業所の取締役会長。もともと周りから技術的な相談を寄せられることが多く、市から講師依頼がきた時は二つ返事で引き受けた。機械メンテナンスで良い環境を整えることと、溶接時の「音の変化」に重点を置き指導している。「ただ一点、いい音がするところが必ずある。この2つを習得すれば、どんなに条件が変わっても安定した溶接ができる」と、職人の顔。

 ○…山形県出身。5人兄弟の家庭で育ち、早く家計を楽にしたいと中学卒業後に横浜に働きに出た。5年経った頃、文通相手の今の夫人に手紙を出しに行く時、バイク事故で生死の境をさまよった。「目覚めたら、両親となぜか今の妻がいて。いまだに何でかわらないけどこの時、結婚を決意した」と振り返る。その後、腕を磨くため退職し、様々な現場を渡り歩き独立。創業後も貪欲に技術を磨き続けた。10坪から始まった工場は、今は息子が社長を務めている。

 ○…最初、何がわからないかもわからなかった塾生が、回を追うごとに自ら質問するようになる。初回に提出させる課題は、修了時には全てできるようになっているそうだ。「これが、とてもやりがいがある」と満面の笑み。「今はとにかく健康に気を付けて、生涯現役でいたい」。この仕事に就いて半世紀以上。いまだ衰えぬ情熱があった。

綾瀬版の人物風土記最新6件

朽木 正美さん

アジアユースと市民の歌実行委員会の実行委員長を務める

朽木 正美さん

8月3日号

生駒 秀之さん

国際ロータリー第2780地区第4グループガバナー補佐を務める

生駒 秀之さん

7月20日号

長尾 賢一さん

「ネイチャーシップ2018」を実施する綾瀬青年会議所(JC)NRF実行委員会の委員長を務める

長尾 賢一さん

7月6日号

弓倉 宏久さん

相模獣医師会の会長を務める

弓倉 宏久さん

6月8日号

山田 英毅さん

間もなく収穫時期を迎える綾瀬市園芸協会トウモロコシ部会の部会長を務める

山田 英毅さん

5月25日号

太田 雅士さん

吉岡神輿愛好会の会長を務める

太田 雅士さん

5月11日号

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク