綾瀬版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

綾瀬市商工会青年部花火大会の運営委員長を務める 鈴木 一哉さん 上土棚中在住 30歳

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

責任感と感慨深さと

 ○…夏を締めくくる綾瀬の風物詩である花火大会の運営委員長を務める。30歳での抜擢は歴代の委員長に比べて若く、「責任重大だと感じます」と気を引き締める。協賛金集めは終わり、取材時点では看板設置や道路警備の詰め、当日準備を残すのみの状態。万全の体制で、明日の花火大会を迎える。

 ○…主催団体である商工会青年部には5年ほど前に入会。会社が商工会の会員であったことから、家業に入ったのを機に先輩から誘いを受けた。2代目である父親が青年部OBで馴染みもあったことから快諾。経営者やその後継者仲間ができ、経営やまちづくり活動など多くを学び、青年部の活動にのめり込むのに時間はかからなかったという。「とてもやりがいを感じています」と話す目は、気力に溢れる。

 ○…綾瀬で生まれ育つ。総合建設・設計・施工・管理を行うタイヨー産業(株)で働く。創業者である祖父や2代目である父の背中を見て育ち、自然と建築の道を志した。自身も今は3歳と1歳の娘の父親。どんなに忙しくても毎日のお風呂は欠かさず、「とてもかわいくて原動力になる」と顔をほころばせる。趣味は父に仕込まれたアウトドア。今も親子仲良く海釣りに出かけているようで、「いずれは娘も連れていきたい」と夢を語る。

 ○…年々変わる周辺環境の調整に対応するため今年は動きを前倒し、協賛金集めをさらに組織的に動けるようシステムを変更した。「いいところ、悪いところがあったので来年に活かしたい」と、すでに次を見据えている。「自分が子どもの頃から親しんでいた花火大会。今後も続けるには乗り越えるべき課題はたくさんありますが、まずは明日の本番を安全第一で楽しんでもらえるものにしたい」。真摯に語る姿から、責任感の強さが伺える。

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク