綾瀬版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

花いちもんめで月1回の「健康トーク」を行っている もとしろ けいこさん 本名:本庄(ほんじょう)圭子 綾西在住 48歳

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena

専門知識を地元に還元

 ○…バザール商店街の花いちもんめで毎月第1水曜、健康トークを行っている。体が弱く自分の身を自分で守るため身に付けた知識を、より多くの人に知ってもらおうと今年6月から行っている。専門家として本来ならそれなりの講演料を要するが、「地域に恩返ししたい」という思いから費用は資料代5百円のみ。骨粗鬆症や認知症、栄養、口腔疾患など日常で役立つ身近な知識を伝える。

 ○…祖父は電子工学エンジニアで父はその研究者。妹もITエンジニア。子どもの頃、友人宅の最新掃除機が羨ましくて自宅の古いものを壊そうと妹と分解したら、父に直されたというのはエンジニア一家らしいエピソード。1歳半から綾瀬で育ち、父の転勤で中3で渡米。アラバマ大学でサイエンスの学位を取得し、帰国後は糖尿病専門の研究所に。研究を深めるためカリフォルニア州立大学に入り直し、基礎医学となる分子生物学を学ぶ。遺伝子スクリーニングで身に付けた論文を読む知識が今、役立っている。

 ○…現在はパートとして研究所に勤める傍ら、企業でのセミナーや講演を行っている。体が弱いため収入が途切れないよう、サプリメントの代理店も務めている。趣味はガーデニングと家庭菜園。育てるのが好きで、「新しい肥料の配合を見つけては試している」と研究者らしい発言。「収穫は母の担当で、父が食べる担当なんです」とはにかむ。

 ○…「昔の常識が、最新の研究で違うと判明することは多い。最新の論文を読めるから知れる知識を伝えたい」と話す。その背景にあるのは、米国での生活。「高齢化が進むことで、もし日本が米国と同じ医療制度になったら大変なことになる。自分の身を守るために個々がもっと知識をつけないと。この活動が一助になれば」と思いを語った。
 

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク