綾瀬版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

通学児童の安全を毎朝、約40年にわたり見守り続けた 池上 忠幸さん 吉岡東在住 80歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

児童・地域と歩んだ歴史に幕

 ○…交通量が多い丸子中山茅ヶ崎(県道45号)線で毎朝約40年間、自社前の横断歩道で旗を振り通学児童の安全を見守った。「その時間ここにいるし、学校から直々に旗渡されちゃやらないわけにはいかない」と話すが、傍らで聞く夫人が「子どもが好きなんですよ」と微笑む。高齢のため今年12月29日に「(有)池上モータース」を閉鎖し、旗も役割を終える。

 ○…息子が小1〜中3の頃に務めた交通指導員が、旗振りのきっかけ。ちょうど通学路が変わり、工場前を子どもたちが通り始めた頃だった。会社設立時に比べ道が整備され、交通量も増えていた時期。面倒見のいい性格から、指導員終了後もボランティアで毎朝立ち続けた。「休んでる子とか、わかるようになる」。翌日、「風邪引いてた!」と元気な姿にほっとする。放課後、子どもたちは「横断歩道のおじさん」を探しては「ただいま!」と元気にあいさつしながら帰路につくそうだ。

 ○…長野県で生まれ育つ。実家はかつて宿を営み、故郷・上高地の魅力を世界に知らせ「楽しみとしての登山」を日本に定着させたイギリス人宣教師で登山家のウォルター・ウェストンを、曽祖父が受け入れたというエピソードを持つ。自身は大学進学で上京し電機メーカーに務めたが、自動車の普及に伴い町工場に再就職。2年の修行を経て一国一城の主となった。

 ○…「趣味は車」と即答。いじるのはもちろん乗るのも好きで、夫人との旅行などどこに行くにも車。地域からも頼られ、体調不良で工場を閉めたのは46年間でたった半日だけというほど、ライフワークとして体に染みついている。「仕事辞めたら、月に1度は実家に帰るかな。あとはやっぱり、車をいじってると思う」。職人らしい手を見せながら、満面の笑みを見せた。

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク