綾瀬版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

年の瀬の風物詩「餅つき」各所で

文化

日本の伝統文化を体験(未来塾)
日本の伝統文化を体験(未来塾)

 年の瀬が迫る昨年12月。幼稚園など市内各所で年末の風物詩、もちつきが行われた。

あやせ未来塾

 12月1日には、外国人労働者に日本語を教える市民活動団体「日本語クラスあやせ未来塾」(渡邉誠一委員長)が、吉岡東の栄和産業で「餅つきで国際交流を」を開催した。イベントにはブラジル、カンボジア、スリランカ、ベトナム、日本から83人が参加した。

 当日、会場では臼と杵を使った餅つきを実施。参加者らは、日本伝統の文化を積極的に体験した。最後はビンゴ大会も行い、和気あいあいとした雰囲気で交流した。

綾瀬ゆたか幼稚園

 また、綾瀬ゆたか幼稚園(橘川和夫園長)でも、12月5日に園庭で恒例の餅つきを実施した。

 日本の伝統行事を園児に体験してもらおうと、昔ながらのやり方にこだわる同園のもちつき。薪をくべた「かまど」と「せいろ」で蒸したもち米を使い、年長児らが臼と杵でもちをついた。

 今年はもち米30kg分を使い、見学に訪れた未就園児の保護者らにも振る舞われた。

綾瀬幼稚園

 12月14日には、綾瀬幼稚園でも園庭でもちつきが行われた。

 同園でも、せいろで蒸したもち米を使い、臼と杵で園児たちが順番に体験。最後には綾瀬幼稚園恒例の「子どもみこし」が園の周りを練り歩き、「わっしょい!わっしょい!」という園児たちの元気な声が響き渡った。

綾瀬幼稚園のもちつき ※動画でみこしの様子が見られます
綾瀬幼稚園のもちつき ※動画でみこしの様子が見られます
綾瀬ゆたか幼稚園のもちつき※動画で様子が見られます
綾瀬ゆたか幼稚園のもちつき※動画で様子が見られます

綾瀬版のローカルニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク