綾瀬版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

神奈川県里親会の副会長を務める 岡 清子さん 上土棚北在住

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

「児童の福祉」守るために

 ○…里親は児童福祉法に定められた呼称で、親に代わり子どもを育てる家庭のことをいう。「養育里親」「専門里親」「親族里親」「養子縁組里親」など形態は様々で、養育期間や対象になる子どもなどもそれぞれ異なる。しかし、共通するのは「家庭を提供し、あたたかい愛情と理解を持って育てる」という気持ち。「里親自体は浸透しているけど、具体的な理解はまだまだ。もっと知ってもらわないと」と話す。

 ○…県里親会は、児童相談所単位の各支部に所属する142世帯で構成される。これとは別に会には所属せず、個人で活動している人もいる。自身は県央支部に所属し、支部と県の双方で副会長を務めている。県里親会は来年、関東甲信越ブロックの研修を主催するため、今年はその準備に余念がない。

 ○…横浜出身。山形にある母親の実家に農作業を手伝う人が泊まるなど、「家族以外の誰か」が家にいるのが当たり前の環境で育った。そのため、「自分に子どもができてもできなくても、社会の子どもを育てたい」という思いは強く、夫とも最初から話し合い合意を得ていたという。自分の子どもにも幼い頃に説明した。「最近たまたまその時の話になって、嫌じゃなかったか聞いてみたら『考えたこともない』と言われて」。自分の思いを子ども心に理解してくれていたことに、驚いたそう。

 ○…「子どもたちは本当にかわいい。自分の子どもだけだとそれで終わりだけど、何度も子育てして一緒に成長できるのが嬉しくて」と、里親を続ける理由を話す。「ニーズの3倍里親がいないとだめだと言われている。里親は急病など緊急の時にも利用できるので、ハードルを上げないで里親と利用者双方が増え、正しく機能してくれたら」と先を見据え語った。

綾瀬版の人物風土記最新6

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月10日号

引地 純さん

綾瀬青年会議所の第41代理事長に就任した

引地 純さん

落合南在住 39歳

1月1日号

渡井 和夫さん

綾瀬市園芸協会の会長として農業振興に取り組む

渡井 和夫さん

上土棚南在住 60歳

12月13日号

齋藤 悦子さん

綾西地区でフォークダンスと民謡を教えている

齋藤 悦子さん

綾西在住 76歳

11月29日号

太田 淑夫さん

会長として綾西自治会の50周年に立ちあった

太田 淑夫さん

綾西在住 67歳

11月15日号

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク