綾瀬版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

ジャズオーケストラのバンドマスターとして50年にわたり活動している 小川 秀雄さん 寺尾西在住 71歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

2年に一度、ポコッと

 ○…アポロ11号が月面に着陸した1969年、厚木基地にほど近い相模大塚の焼肉店で、5人の仲間とジャズバンドを結成した。当時21歳、今は71歳だ。「ダンスパーティーのバックバンドからフルバンドをめざしてメンバーを集めた」。1年間、みんなで金を貯めて、記念すべき第1回目の演奏会を厚木で開いた。「それ以来『2年に一度はジャズをきこう』を合言葉に活動してきた。気がついたら50年経っていた」

 ○…子どもの頃は何をやっても続かない「飽きっぽい性格だった」。中学時代、決まった部活にも入らずにいたところ、音楽教師からブラスバンドに誘われた。「一家の大黒柱になる男が飽きっぽくちゃいけない」と、恩師からかけられたこの言葉が少年には金言として響いた。「縦笛が上手いから、と誘われた。あの言葉がなきゃここまで続いてなかった」と、感謝の言葉は尽きない。

 ○…解散せず、同じ拠点で50年活動を続けるバンドはプロアマ、国を問わず、そう多くはない。ただ続くだけではなく、週2回、平日の夜8時から2時間と決まった練習も欠かさず続けている。バンドマスターの在籍50年を筆頭に49年、48年、30年、20年、10年から3年目、仲人を務めた還暦のメンバーも実弟も、そして息子もいる。演奏では低音のバリトンサックスが今の定位置だ。

 ○…バンド名は「MOLE」つまり「モグラ」。「プロみたいにスポットライトを浴びたいバンドじゃない」地域にも貢献できるようにと名付けた。「ポコッと地面に頭を出すのが2年に一度の演奏会」「葬式も交通事故も火事もいろいろあった。ベース抜きでやったこともある」と、話は尽きない。自宅兼練習場で分厚い2冊の青いファイルをめくりながら、50年の軌跡を思い起こしていた。

綾瀬版の人物風土記最新6

加藤 功さん

吉岡買い物支援ツアーを立ち上げた

加藤 功さん

吉岡在住 74歳

10月18日号

小宮 量基(かずもと)さん

綾瀬市民俗芸能保存協会の会長として市民文化祭に参加している

小宮 量基(かずもと)さん

早川在住 74歳

10月4日号

大光寺 圭さん

綾西バザール商店街で「あやせ音楽祭」を開催する

大光寺 圭さん

綾瀬市内在住 39歳

9月20日号

伊東 はるかさん

市史文化財担当として文化財企画展の運営に携わった

伊東 はるかさん

綾瀬市役所職員 25歳

8月23日号

花岡 賴利(よりとし)さん

過去3回、詐欺被害を未然に防いだ

花岡 賴利(よりとし)さん

上土棚北在住 69歳

7月26日号

森山 謙治さん

「菜速 あやせコーン」の生産者でトウモロコシ部会の部会長を務める

森山 謙治さん

早川在住 62歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク