綾瀬版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

綾西自治会 バザールで記念式典 設立50周年、11月9日に

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
住宅地販売当初の物件パンフレット
住宅地販売当初の物件パンフレット

 綾西自治会(太田淑夫会長、1427世帯)の設立50周年を祝う記念式典と行事が、11月9日に綾西バザール商店街で開催される。綾西地区の歴史を取材した。

 綾西自治会のある住宅街は、相模鉄道が1970年代に首都圏のベッドタウンとして開発した。約100万平方メートルに及ぶプロジェクトとして海老名市側から着手され、綾瀬市側(当時は綾瀬町)は33万6千平方メートルの山地を切り拓いて宅地化が進められた。

 「えびな国分寺台」として販売されたのは1区画50坪前後の建売住宅で600万円台の物件が中心。住宅街と海老名駅を結ぶバス路線がすでに開通していた。綾西地区で育った井田智之さん(50)は「朝夕のラッシュ時はバスが連なっていた」と当時を振り返る。

80戸でスタート

 綾瀬市の市史担当者によると、綾瀬側の開発が始まったのは1968(昭和43)年で、翌年に第1期分譲が始まった。70(昭和45)年には綾西小学校が開校し、80戸が加入する綾西自治会が70(昭和45)年2月に設立された。

 吉岡、早川両地区の児童と新興住宅地の児童をあわせた全校児童230人で小学校が開校した綾西小学校も今年開校50周年を迎えた。

「これからも一緒に」

 綾西自治会は、地域の商店街として親しまれてきたバザール商店街を記念式典の会場に選んだ。自治会長の太田さんは「誰もが利用してきた商店街に愛着がある。空き店舗もあるがこれからも一緒に頑張っていきたい」と話す。

ちんどん屋も

 当日は午前9時半に「ちんどん屋」が「長ぐつ公園」を出発。住宅街を練り歩き10時20分頃バザールに到着する。

 10時30分から古塩市長や綱島県議ら来賓を招いて記念式典が開かれ、「綾瀬市民の歌」を合唱。願いを託した250個の風船を空に放つ。バルーンアートや綾西太鼓クラブの演奏、ちんどん屋の口上や演奏、大道芸などが昼過ぎまで続く予定。
 

随時更新中!

催し物日程のお知らせや地域情報

https://ayase-bunka.com/

<PR>

綾瀬版のトップニュース最新6

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

県展示11年ぶり巡回

県展示11年ぶり巡回 文化

かながわの遺跡展『縄文と弥生』

1月10日号

個性ある持続可能都市へ

2020(令和2)年新春市長インタビュー

個性ある持続可能都市へ 政治

子どもの教育と多文化共生に意欲

1月1日号

産業の拠点新たに

綾瀬市商工会新会館

産業の拠点新たに 経済

笠間会長「原点の結束・連携に回帰を」

1月1日号

あやせの冬キラキラ

綾瀬市役所イルミネーション

あやせの冬キラキラ 経済

21日までスタンプラリーなど

12月13日号

来年2月に第2回

綾瀬ふるさと検定

来年2月に第2回 文化

身近な50問「魅力再発見を」

12月13日号

舞台芸術で青春再び

綾瀬シニア劇団もろみ糀座

舞台芸術で青春再び 文化

60〜80代の男女「ヤァーーーッ!」

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク